本文へスキップ

京都市生涯学習総合センター(京都アスニー)は,皆様の学びたい意欲を応援する,生涯学習の拠点です。


≪昭 和≫
41年  12月  京都市社会教育委員会議が、「大都市社会教育振興のための意見具申書」を提出 
45年 9月 京都市社会教育委員会議が、「社会教育総合センタ−(仮称)の設置に関する意見具申所」を提出
47年 4月 社会教育総合センタ−建設準備室を設置
52年 2月 富田保治氏が、図書館建設資金として1億円を寄付〔以後5回にわたり総額4億円を寄付)
3月 京都市社会教育総合センター図書館基金条例を制定
京都市社会教育委員会議が、「社会教育総合センタ−(仮称)構想案」を提出
7月 建設用地決定(中央市民病院跡地)
12月 建設用地の埋蔵文化財発掘調査
造酒司(みきのつかさ)倉庫跡の出土
53年 7月 基本設計(〜同年12月)
54年 1月 実施設計(〜同年5月)
8月 建設工事着工
56年 1月 建設工事竣工
2月 社会教育総合センタ−・中央図書館開設準備室を設置
3月 財団法人京都市社会教育振興財団を設立
社会教育振興財団理事長に千宗室就任
4月 京都市社会教育総合センタ−条例施行
施設の管理を財団法人京都市社会教育振興財団に委託
京都アスニー所長に桑原武夫(京都大学名誉教授)就任
京都市社会教育総合センタ−、中央図書館開館記念式典開催(昭和56年4月13日)
京都市左京図書館、京都市山科図書館、京都市下京図書館、京都市南図書館開館
婦人教育情報センタ−、社会教育相談資料室、視聴覚センタ−開設
「京都講座」をはじめとする諸講座を開設
12月 京都市北図書館開館
57年 6月 京都市醍醐図書館開館
8月 京都市右京図書館開館
58年 5月 京都市東山図書館開館
7月 京都アスニー季刊誌「創造的市民」を創刊 *その後「創造する市民」に改称
59年 3月 京都市図書館協議会が、京都市図書館整備中期計画を策定
60年 8月 京都市西京図書館開館
61年 3月 京都市向島図書館開館
62年 4月 京都市洛西図書館開館
8月 京都市伏見中央図書館開館
63年 11月 京都アスニー所長に河野健二(京都大学名誉教授)就任
≪平 成≫
元年 9月 生涯学習情報誌「京都VIEW」を創刊 *H15年第43号で廃刊
京都アスニーに生涯学習情報コーナーの設置
2年 8月 京都市久我のもり図書館開館
11月 「第二回全国生涯学習フェスティバル」を開催
3年 11月 京都市社会教育総合センタ−・京都市中央図書館・財団法人京都市社会教育振興財団設立10周年記念式典及び記念事業開催
京都アスニー友の会「京都まなびすと」が発足
4年 4月 婦人教育情報センタ−を女性情報センタ−に改称
京都市吉祥院図書館開館
5年 5年 京都市社会教育センタ−の名称を京都市生涯学習総合センターに変更、愛称「京都アスニ−」
10月 女性情報センタ−を閉室、ウイングス京都に移管
6年 6月 京都市生涯学習情報プラザ(高島屋京都店7階)を開設 *平成18年4月30日業務終了
生涯学習情報デスク(京都アス二一内)を開設
7年 4月 京都市岩倉図書館開館
8年 9月 京都アスニー所長に千宗室(裏千家家元)就任
9年 4月 京都市醍醐中央図書館開館
10年 6月 京都市久世ふれあいセンター図書館開館
10月 京都市生涯学習総合センター山科(アスニー山科)開館
11月 京都市学校歴史博物館開館
11年 3月 財団の名称を財団法人京都市生涯学習振興財団に変更することを理事会で決定
生涯学習振興財団理事長に上田正昭就任
5月 財団の名称を変更することを京都府教育委員会から認可
12月 京都市子育て支援総合センターこどもみらい館開館
13年 11月 京都市生涯学習総合センター・京都市中央図書館・財団法人京都市生涯学習振興財団設立20周年記念式典開催
14年 12月 京都アスニー所長の改名(千玄室)
15年 4月 京都市教育総合センター(こども相談センターパトナ)開館
7月 コミュニティプラザ深草図書館開館
16年 4月 市民科学事業館(青少年科学センター)開館
17年 4月 京都アスニー1階ロビーに平安京歴史ゾーン開設 
18年 10月 京都アスニー1階に京都市平安京創生館開館、開館記念式典開催(平成18年10月6日)
19年 1月 京都市生涯学習総合センター・財団法人京都市生涯学習振興財団設立25周年記念式典開催
4月 財団法人京都市野外活動振興財団との統合
20年 3月 右京図書館閉館 
21年   6月  右京中央図書館開館 
11月 京都アスニー1階の展示ホールの供用を停止し,「古典の日記念 京都市平安京創生館」として拡大開館 
22年 4月  公益財団法人に移行 
23年 11月 京都市生涯学習総合センター,公益財団法人 京都市生涯学習振興財団設立30周年記念式典開催



このページの上に戻る

京都アスニートップページへ


サブナビゲーション