本文へスキップ

京都市生涯学習総合センター(京都アスニー)は,皆様の学びたい意欲を応援する,生涯学習の拠点です。

 <ご使用になる皆様へ>

このページをご覧いただきありがとうございます。
京都アスニーでは,幅広い用途にご利用いただける貸研修室,貸会議室,貸ホール等をご用意しております。ご利用内容に応じた会場のご案内もいたしますので,どうぞお気軽にお問い合わせください。


お問い合わせ先 TEL 075-802-3141(京都アスニー 中央事業館 管理係)


京都アスニーは市民みんなのための生涯学習・社会教育施設です。
皆様がお互いに気持ち良く使えるように,館内の設備等は大切にお使いくださいますよう,ご協力お願いします。

<開館日・開館時間>

●開館時間:午前9時〜午後9時まで
 (日曜・祝日は午後5時まで)
●休館日:火曜日 (祝日の場合は翌平日)
     年末年始(12月29日〜翌年1月3日)

このページの上に戻る


<使用の申し込み>

申込受付時間
● (月〜土曜日)午前9時から午後7時まで
  (日曜・祝日)午前9時から午後5時まで
   ※休館日(火曜)を除く


申込方法と使用料の納入
【仮予約】お電話または窓口で申し込んでいただければ,仮予約として会場を押さえさせていただきます。
〈TEL 京都アスニー:075-802-3141〉 
 仮予約後,10日以内に正式の申込手続き(使用許可申請)をしてください。 
【正式の申込】窓口で所定の使用許可申請書に必要事項をご記入の上,ご提出ください。申請と同時に使用料をお支払いください。

●仮予約及び使用許可申請は,使用希望日の6ヶ月前の月初めから受け付けます。(特例あり)

 施設使用申込の開始日のみ取り扱いが異なります。
 詳細は
こちらをご覧ください。
 なお,当センターの事業を開催するために使用する場合は別の取り扱いになっておりますのでご了承ください。
●有料の催しは,事前に承認を受けてください。
●施設に付属した設備以外の設備を使用(持込み)するときは,事前に許可を受けてください。 (例:パソコン・液晶プロジェクターなど)
●上記の許可及び承認のための申請書は窓口に備え付けていますので,必要に応じてお申し出ください。
●物品を販売するときは,事前に許可を受けてください。

使用料の減額
次の場合,使用料を減額することがあります。
1)京都市教育委員会の委託を受けた社会教育事業を行うとき。(2分の1減額)
2)社会教育の振興に寄与することを主たる目的とする団体が無料で社会教育事業を行うとき。 (5分の1減額)
●使用料の減額を希望されるときは,使用料減免申請書を提出して,認定を受けてください。
●使用料の減額を認定する上で,委託契約書,団体の規約,事業計画書,予算書などを見せていただくことがありますので ,予めご用意ください。

使用料の還付
いったん納めていただいた使用料は,使用者の都合で使用を取り消してもお返しできませんのでご留意ください。ただし,次に掲げる場合に限り使用料の全額または半額をお返しすることがあります。
1)当センターが管理上の都合により使用の許可を取り消した場合:全額
2)使用の30日前までに使用を取りやめる申出をして,相当の理由があると認められた場合:半額

使用許可の制限
次の場合は,施設の使用許可はできません。また,すでに許可している場合でも使用許可を取り消すことがあります。
●公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれがあるとき。
●建物その他付属施設を損傷し,又は滅失するおそれがあるとき。
●使用許可の申請に偽りがあったとき。
●許可された使用条件に違反したとき。
●使用の権利を,他人に譲渡したり転貸したとき。
●管理上支障があるとき。

このページの上に戻る


<使用の前に>

使用に必要な人員
●使用者は,センターの内外の秩序を保つため,必ず会場責任者・会場整理担当者を定めて,関係職員と連絡をとるようにしてください。
●催物または使用される施設によっては,照明・音響・映写の要員にかかる経費を担当者に負担していただきますので,事前に関係職員と打合わせをしてください。

ポスター等
●ポスター等を掲出するときには,事前にセンターの承認を受けてください。
●催物のポスターは事前にご持参くださればセンターの掲示するスペースに余裕があれば掲示いたします。

センター内の飲食
●研修室等で,1階のレストラン以外からの配達等を利用される場合は,事前にセンターにご連絡ください。アルコール飲料類は禁じております。
●ホール・サークル活動室・ロビー・「古典の日記念 京都市平安京創生館」での飲食はご遠慮ください。

このページの上に戻る


<使用にあたって>

使用許可書の携帯
●主催者は必ず使用許可書を携帯してください。

施設の使用
使用者は,次のことを責任をもって守ってください。
●定員以上の入場をさせないこと。
●無断で,物品販売,寄付金募集,飲食の提供等をしないこと。
●所定の場所以外で,火気を使用しないこと。
●他の会場の迷惑となるような音量を出さないこと。
●周辺住民に迷惑がかかる場合があるため,第2研修室・第3研修室・第4研修室の窓は,開放しないこと。
●センター内に張紙,くぎ打ち等をしないこと。どうしても必要な場合は係員に相談すること。
●承認を受けない付属設備を所定の場所以外に持ち出さないこと。
●承認を受けた設備以外のものを使用しないこと。
●危険物を持ち込まないこと。
●盗難防止に留意すること。
●センターの運営上支障をきたす行為をしないこと。
●非常口の場所,誘導方法の確認をし,非常時にセンターとの連絡を行うこと。

使用時間
●使用時間には「準備」から「あとかたづけ」までの時間を含みますので時間内にすべてが終了するよう配慮してください。
●やむを得ず使用時間を超過するときは,所定の使用料をお支払いのうえ,超過使用の許可を受けてください。但し,使用時間の超過が他の利用者に支障を及ぼすおそれがあるときは,時間超過は認められません。

原状回復
●会場責任者の方は,全ての会場使用が終了するまで立ち合ってください。
●使用終了後は,時間内に施設及び付属施設などを原状に回復してください。万一破損,汚損または滅失したときは,使用者の責任において弁償してください。

禁煙について
●受動喫煙防止のため敷地内は全面禁煙になっております。ご協力お願いいたします。

このページの上に戻る

京都アスニー施設使用料一覧
施設名 面積
(平方メートル)
定員
(人)
使用料(円)
午前 午後 夜間
9時〜12時 13時〜17時 18時〜21時
ホール(4F) 690 400 23,860 29,820 35,890
第1研修室(2F和室) 175 50 6,890 8,220 9,660
第2研修室(3F)
:全室使用
164 104 11,000 13,680 16,450
:分割使用-A 57 32 4,110 4,830 5,450
:分割使用-B 107 72 8,220 9,660 11,000
第3研修室(3F)
:全室使用
124 72 8,220 9,660 11,000
:分割使用-A 70 40 4,830 5,450 6,270
:分割使用-B 54 32 4,110 4,830 5,450
第4研修室(3F)
:全室使用
104 56 7,610 8,940 10,280
:分割使用-A 54 32 4,110 4,830 5,450
:分割使用-B 50 24 4,110 4,830 5,450
第5研修室(3F茶室) 250 50 9,770 11,210 12,650
第6研修室(5F) 69 36 4,830 5,450 6,270
第7研修室(5F) 75 42 5,450 6,890 8,220
第8研修室(3F) 200 200 16,450 20,570 24,680
第1実習室(5F陶芸など) 104 54 7,500 8,940 10,380
第2実習室(5F美術など) 107 50 7,500 8,940 10,380
第1サークル活動室(2F) 147 60 4,520 5,240 5,960
第2サークル活動室(2F) 90 60 4,520 5,240 5,960
第3サークル活動室(4F) 76 30 4,520 5,240 5,960
会議室(3F) 99 40 8,940 10,380 12,030
小会議室(3F) 51 18 4,520 5,240 5,960
視聴覚室(4F) 50 16 4,110 4,830 5,450

時間外使用料について
●1時間につき 午後の使用料の3分の1
※17時〜18時については,夜間の使用料の5分の2
(10円未満の端数は5円以上は切上げ,4円以下は切捨て。)


付属設備一覧
区 分 品 名
単 位 使用料(円) 備 考
ホール
基本セット追加分 マイクロホン 1本 1,230  ※
グランドピアノ 1台 4,520 調律が必要な時は
別途実費
ピンスポットライト 1基 1,230  ※
ホールスクリーン 一式 2,460
35ミリ映写機 一式 3,700  ※
ホール専用プロジェクター 1台 6,170  ※
 テレビ館内放送装置(分館を除く。) 一式 16,970  ※
 モニター 一式 2,460
 プロジェクター 一式 3,700
 スライド映写機(クセノン) 一式 2,460
 マイクロホン 1本 1,230

このページの上に戻る

〈備考〉
  1. 料金は使用時間区分1区分あたりの料金です。
  2. 準備のために付属設備を使用する場合は2分の1の額となります。
  3. ※の設備を使用される場合は,機器を操作する専門の技術者(音響・照明・映写等)料金が加算されます。
    使用日の1か月前までにお申込ください。
  4. 上記以外の機器の使用については,ご相談ください。
  5. ホールの基本セット(通常の場内照明及び舞台照明・マイクロホン2本(無線または有線))は
    無料で使用できます。

このページの上に戻る

京都アスニートップページへ