本文へスキップ

京都アスニーバナー

京都市生涯学習総合センター(京都アスニー)は,皆様の学びたい意欲を応援する,生涯学習の拠点です。

様々なテーマで,より専門的な内容を学んでいただける教養講座として,「最高最新の内容を分かりやすく」をモットーに開講しています。どなたでもご参加いただけます。
受講料:820円(京都まなびすと会員は620円)
※語学講座を除く
→申し込み方法はこちら

◆ぜひ事前にご予約ください

ご予約の方
  講座開始
30分前より優先受付&ご入場
予約なしの方
  講座開始
10分前より会場にご入場
・定員に余裕がある場合に限り,当日受付も可能です。
・ご予約は,
来館・電話・FAXにて,各講座開催日 前日まで受け付けております。
お申し込み・お問い合わせは
京都アスニー 2階 事業係
TEL 075-812-7222 FAX 075-803-3017
このページの上に戻る

≪2018年1月~3月≫
日程 演題と内容 講師 備考
1月12日
(金)

14:00~16:00
三条西実隆と『源氏物語』
~室町時代の一縉紳の日記から~

室町時代の公家三条西実隆は,当代一流の文化人として知られます。彼は『源氏物語』の愛読者であり,同好のひとたちと源氏の勉強会をもち,何度も写本を作りました。彼の日記『実隆公記』を通して,当時の人々の源氏理解,源氏愛好者たちの交流を考えます。
京都造形芸術大学教授
五島 邦治 氏

1月19日
(金)

14:00~16:00
親鸞の念仏帰入への道程
~比叡山から六角堂へ~
 

浄土真宗を開いた親鸞は,29歳で比叡山を下りた後六角堂に参籠し,そこで受けた示現によって法然の説く専修念仏に帰入しました。親鸞がなぜ六角堂に行ったのかについて,当時の京都を取り巻く宗教環境などを通して考えてみます。
武蔵野大学通信教育部講師
岡村 喜史 氏

1月26日
(金)

14:00~16:00
列島を翔ける平安武士

平安~鎌倉時代の武士は,京都に出仕することで傍輩とのネットワークを築き,様々な情報を得て,日本列島各地に活動の場を広げていきました。通説的な「貴族VS武士」「京都VS地方」という視角を離れて武士の実像にせまります。
京都女子大学名誉教授
京都女子大学宗教・
文化研究所客員研究員
野口 実 氏
 
2月9日
(金)

14:00~16:00
iPS細胞の基礎から最前線まで

iPS細胞が発表されて10年。再生医療の実現を目指し,多くの取り組みがなされています。iPS細胞とは何か。医療にどう役立つのか。他の分野での応用はどうか。iPS細胞の1から最前線まで,やさしく楽しく解説します。
京都大学iPS細胞研究所
特定拠点講師
髙島 康弘 氏


2月16日
(金)

14:00~16:00
明治維新150年記念
明治維新50年,60年の記憶と顕彰
~大正6年,昭和3年の記念祭~

「賊軍」は明治初年に鳥羽街道で死体も放置され,明治22年の「大赦」で許されました。50年後の大正6年には各地で慰霊祭がもたれ,昭和大礼の昭和3年は60周年で高山彦九郎像の建立(三条大橋東)など国民的な維新ブームがおきます。明治維新が近現代に回顧される意味を考えます。
京都大学
人文科学研究所教授
高木 博志 氏

2月23日
(金)

14:00~16:00

明治維新150年記念
東寺と明治維新
~激動の時代をどう乗り越えたのか~

明治維新前後の東寺は,鳥羽伏見の戦いでは薩摩藩の陣所となり,南大門などは焼失し,後七日御修法は中止されました。東寺は大きな転換点となった激動の時代をどう乗り越えたのでしょうか。東寺の建物や法会,僧侶に注目して考えてみたいと思います。
東寺文化財保護課長
新見 康子 氏

3月2日
(金)

14:00~16:00
京都市平安京創生館関連講座
中世京都の都市構造

古代都城として建設された平安京は,都市民の活動によって中世の都市としての京都へと脱皮していきます。武家が覇権を握った時代にあっても,京都は日本の首都としての地位を譲りませんでした。この時代の京都の姿を,最新の研究成果にもとづいて復元していきましょう。
同志社女子大学
現代社会学部教授
山田 邦和 氏
 
3月9日
(金)

14:00~16:00
京都地震紀行

京都は歴史上地震があまり起こらない場所だと思っていませんか?そんなことはありません。何度も地震の被害にあってきたのです。地震の被害について書かれた文書を読みときながら,過去の地震の様相について考えてみたいと思います。
京都大学防災研究所助教
加納 靖之 氏

3月23日
(金)

14:00~16:00
【京都市平安京創生館関連講座】
平安京東市と七条町の実像

昨年,平安京東市の一画を発掘調査し,東市に直接関連する資料のほか,鎌倉~室町時代の資料も確認されました。講座では,その調査成果を画像で紹介しながら,古代の都城の市の実態やその後の展開を考えます。
龍谷大学文学部歴史学科
文化遺産学専攻教授
國下 多美樹 氏
 

このページの上に戻る




≪連続講座≫
 
日程 演題と内容 講師 備考
 1月10日
 2月14日
 3月14日

水曜日
10:00~12:00

※一回ごとの受講が可能です。
古文書・古写本閑話

日本史は大きく,古代・中世史(飛鳥・奈良時代から安土桃山時代)と近世史(江戸時代),さらに近代史(明治以降)の三つに分けられます。古代から近世史研究史料は,古文書や日記が主として用いられております。そこで,古代から中世史は藤本,近世は万波が担当し,藤本は日記や古文書を読みながらよもやま話風に語り,万波は主に寺院関係の古文書の講読をいたします。古い文書や本の在り方を通じて,日本の歴史や文化を少しマニアックな視点で語って参ります。脱線や脇道もしつつ,珍しい日記や文書を読んでいきたいと思っております。
龍谷大学客員教授
藤本 孝一 氏

助教 龍谷大学
非常勤講師
万波 寿子 氏

●テキスト代:300円
●定員50名
 1月22日
 2月19日
 3月12日

月曜日
14:00~16:00

※一回ごとの受講が可能です。
『平家物語』を読む

『平家物語』を時間をかけて精読します。関連して日本史上の重要事項を適宜取り上げます。京都で『平家物語』を読む利点も生かしたいと思います。今回は赦免に洩れて鬼界が島に取り残された俊寛の悲歎などを取り上げます。
 京都大学名誉教授
上横手 雅敬 氏
 
●テキスト 
『平家物語』上巻  
佐藤謙三/校注(角川ソフィア文庫)
定価:本体720円(税別)(販売あり)
●定員100名 
 1月25日
 2月22日
 3月29日

木曜日

14:00~16:00

※一回ごとの受講が可能です。
絵とともに読む源氏物語
~懐旧・孤独の物語~

花散里巻は亡くなった父帝との思い出を麗景殿女御と語り合う話。源氏は自らを郭公に見立て女御の邸を「花散る里」と呼びます。後に花散里と呼ばれる女君は,麗景殿女御の妹です。須磨の巻は,謀反を企てているとされた源氏が,左遷を免れ無実を示すため,華やかな都での生活を捨てて須磨に赴きます。須磨における源氏の様子を語る名文と和歌は,藤原定家はじめ後世の歌人たちの名歌を多く生み出します。
 帝塚山大学文学部教授
清水 婦久子 氏
 
   1月25日(木)① (花散里の巻) 
 「橘の花散る里」と呼ばれる麗景殿女御邸を訪問し昔語りをする
  2月22日(木)② (須磨の巻1)
 無位無冠で須磨下向を決めた光源氏,都に残す女君達との別れ
  3月29日(木)③ (須磨の巻2)
 須磨の孤独な生活,海をながめ十五夜の月を観て都を思う源氏
 
●参考書籍
『源氏物語の真相』清水婦久子著(角川学芸出版)
定価:本体1,600円(税別)(販売あり)
 1月20日
 2月10日
 3月10日

土曜日

10:00~12:00

※一回ごとの受講が可能です。
石碑・古地図でめぐる京都の歴史

京都の歴史や史跡を,石碑と古地図で楽しもうというのが今回の趣旨です。ふだん何げなく見過ごしている史跡の探求をやりたいと思っています。
 佛教大学非常勤講師
伊東 宗裕 氏
 
  1月20日(土) ① 京都の天皇陵 
  2月10日(土) ② 鉄斎の碑 
  3月10日(土) ③ 京都御苑の門

このページの上に戻る




≪語学講座≫

※こちらの講座では,アスニーセミナー利用券はお使いになれません。また,京都まなびすと会員の受講料  割引もございません。あらかじめご了承ください。

日程 演題と内容 講師 備考
1月10日~
3月14日 

水曜日
全10回


18:30~20:00
ハングル(会話編)

ハングルの読み書きが出来る方が対象です。会話に役立つ話し言葉の基本を学びながら,すぐに使える簡単な日常会話をクラスのみなさんと一緒に楽しみましょう!

●受講料:6,170円
●テキスト 
『あいうえおで引いてすぐ!使える韓国語用言集』
西田栄子・林鳩順/共著(インプレスコミュニケーション)
定価:本体1,800円(税別)(販売あり)
●定員:25名
ハングル通訳・翻訳・講師
(リム) 鳩順(クスン) 氏


1月13日~
3月24日 
※3月17日は
休講


土曜日
全10回


10:00~11:30
中国語で遊ぼう(会話編)

中国の現地で本当に通じる中国語の発音と表現を勉強します。そして,本場の中国語を聞き取れる能力を身に付けましょう。以上の二点が今回の講義の目標です。皆様と一緒に頑張りたいと思います。

●受講料:6,170円
●テキスト代:1,000円 
●定員:30名
京都大学大学院文学研究科
国語学国文学博士後期課程
(コー) 一丁(イッテー) 氏



このページの上に戻る


〈備考〉
※アスニーセミナーの受講をご希望の方は,開催日前日までにご予約ください。
※ご予約の方は開始時刻までにお越しください。開始時刻までにお越しにならない場合及びご予約無しで当日お越し になった場合は,ご入場いただけない場合があります。あらかじめご了承ください。
※ご予約の後,ご都合により受講できなくなられた場合は,事前にキャンセルのご連絡をいただきますよう,ご協力を お願いいたします。
台風等自然災害による休講:京都府南部(京都・亀岡)に特別警報(大雨,暴風,震度6弱以上,緊急地震速報など,全ての特別警報が対象)が発令された場合には以後の講座を全て休講とさせていただきます。講座開始時刻の2時間前の時点で京都府南部(京都・亀岡)に暴風警報が発令されている場合は休講させていただきます。


お申し込み・お問い合わせは
京都アスニー 2階 事業係
TEL 075-812-7222 FAX 075-803-3017

このページの上に戻る

京都アスニートップページへ