学研都市線で行こう

 

サンプルバナー

学研都市線

学研都市線は、正式には「片町線」といいます。平成9年3月にJR東西線が開業したことに伴い、「片町駅」は廃止になったのですが、今でも「片町線」が本当の名称です。
その歴史は古く、浪速鉄道が片町-四条畷間を開通させた明治28年まで遡ります。四条畷-木津間は城河鉄道が敷設免許を得ていましたが、両社ともまもなく本社を四日市におく関西鉄道に買収されました。
関西鉄道は明治31年中に四条畷-長尾、長尾-新木津、新木津-加茂間を相次いで開通させるとともに、放出-網島間を開通させることにより、網島-名古屋間172.2kmが全通しました。
その後、明治39年に鉄道国有法が成立し、翌年に関西鉄道も国有化されてしまいました。現在までに、全線電化・松井山手-京橋間複線化が完了しています。
詳しくは、歴史及び年表のページご覧ください。

【リンク】
歴史のページ
歴史年表のページ

線区名 片町線
区間 木津―京橋
キロ程 44.8キロメートル
駅数 24
複線化キロ数 27.8キロメートル
電化キロ数 44.8キロメートル
走行車両 207系
最高速度:110km/h(松井山手-京橋間)・95km/h(木津-松井山手間)
最速所要時間 51分
愛称 学研都市線

▲pagetop