<<<<<<<<<<<<<<<2002年11月のトピックス>>>>>>>>>>>>>>


第10回東九条マダン(広場)と保育園35周年

「共に生きる喜び」
 

晴天にめぐまれた11月3日、陶化小学校において第10回東九条マダンが開催されました。
東九条マダンは、人と人・地域・民族の共生の場としての広がりをめざしています。
これは、保育園の目標でもありマダンに関ることによって共生の喜びを分ち合えるように保育園も第1回から参加してきました。
職員、保護者、卒園児もマダンに関り続け、サムルノリやプンムル、和太鼓・サムル、マダン劇で活躍しています。

在園児は年長組がパレードに参加し、地域の子ども達と一緒にするオープニングのくす玉割りは恒例プログラムになりました。
保育園の出店は「民族衣装、写真コーナー」で、これまた恒例、毎年80人〜90人が写真を撮りに来られます。
今年は保育園の35周年です。当日のプログラム「希望の家保育園・思い出コーナー」には約40人の卒園児が集まってくれて懐かしい歌・ノレをみんなで合唱しました。

東九条マダンには沖縄から「琉球ゼネレーション」が今年で4年連続の参加をされていますが、今日(5日)午前中に保育園へ演奏(踊り)に来て下さることになり、急きょ、近隣の保育園にも呼びかけてみんなで沖縄の歌と踊りを楽しみました。

東九条マダンの写真(園長先生挨拶)

こどもマダン劇の写真

保育園に来園頂いた琉球ジェネレーションのみなさまの写真

 

 

紹介コーナーのページに戻る
     

TOPページへ  

 

   
園の紹介  
ロケーション  
基本方針と沿革  
今月の紹介コーナー  
保育内容  
年齢別保育内容  
地域交流  
食事  
多文化共生  
戸外活動  
表現遊び  
保護者の方へ  
保護者会活動  
年間カレンダー  
おたより集  
子育てステーションからのお知らせ  
新規入園をご希望の方へ  
Q&A集  
お問合せはこちら  
     
 

希望の家カトリック保育園
Copyright (C) 2001-2010 Kibounoie Hoikuen. All rights reserved.