<<<<<<<<<<<2004年2月の紹介コーナー>>>>>>>>>>>

 

 

希望の家カトリック保育園 園だより 2月号
−健康と安全を願って!−“福は内”
鬼は外、福は内のかけ声は人の健康と安全を守るために叫ぶ人間の願いだといいます。
今 私達の周りに問題が山積しています。
アジア地域に吹き荒れている鳥インフルエンザ、新型肺炎、またまた狂牛病問題。6ケ月前の卵を偽装表示、子どもへの虐待、等々数え切れません。

私達にとって鬼とはなんでしょう。
生活周辺の諸問題は勿論のこと、差別・偏見にさいなまれて自分を見失い、自分の歩む道がどこにあるか解からなくなってしまうことです。
これは人の命や人権を軽んずることにつながります。
この鬼に侵されてしまうと、幼な子が親の愛情の下で強く生きることが否定されてしまいます。

どこまでも、まだまだ未熟な子どもにとって、優しい親の語りかけ、思いやりの心遣いはすごく大切です。
大人の感覚ではなく子どもの立場に立って語りかけてやる情の中で、子どもは安心して、また親を信頼して成長していくでしょう。
親がどれだけゆとりを持って親身になり、今の子どもの状態を把握しているかによって、子どもは伸々とそしてキラキラと成長していくのです。
その意味での鬼は外・福は内です。
 

節分にちなんでつくった鬼のあやつり人形(すずらん組)

鬼は外、福は内。

 

 

 

紹介コーナーのページに戻る


 

     

TOPページへ  

 

   
園の紹介  
ロケーション  
基本方針と沿革  
今月の紹介コーナー  
保育内容  
年齢別保育内容  
地域交流  
食事  
多文化共生  
戸外活動  
表現遊び  
保護者の方へ  
保護者会活動  
年間カレンダー  
おたより集  
子育てステーションからのお知らせ  
新規入園をご希望の方へ  
Q&A集  
お問合せはこちら  
     
 

希望の家カトリック保育園
Copyright (C) 2001-2010 Kibounoie Hoikuen. All rights reserved.