<<<<<<<<<<<2004年3月のトピックス>>>>>>>>>>>

 

オープニングの写真:年長さんによるピアニカ、鉄琴、木琴演奏

感動をいっぱい ありがとう!!

3月6日(土)、生活発表会を行いました。
生後5ヶ月から、この春卒園する年長の子ども達83名が、大勢のお客さんの前で、日頃の保育園生活を発表してくれました。
プログラムの開始は9時30分からでしたが、我が子の成長をじっくり見ようと、9時前からたくさんの保護者の方々が来られていました。

オープニングは年長さんのピアニカ・鉄琴・木琴で「小さな世界」を演奏。
会場からの大きな拍手でスタートしました。
0才児は幕が開くと同時に「かわいい!!」のかけ声と、やさしい微笑みがいっぱいひろがりました。
幼児全体の表現では、日頃とり組んでいる多文化共生保育を取り上げて日本、コリアン、フィリピンの三ッつの国のあそびを紹介しました。

いつも保育園に来ていただいているアランさんも民族衣装で登場し、子ども達と一緒にタガログ語のゲームに参加して下さいました。
どのクラスも子ども達は日頃の保育を保護者に見てもらおうと、歌やあそび、劇ごっこで、精一杯 自分なりの表現をしていました。

プログラムの最後を飾ったのは、年長さん。
あやとり(四段ばしご)、独唱、コマ回し(手のせ)、折紙、紙芝居読みブロックの恐竜づくり、竹馬、縄跳び(クロス跳び)など自分の好きなあそびがんばって、できるようになった事を発表しました。
そして、自分がいて…友達がいて…うれしいと表現した「みんな友だち」の歌を大合唱しました。
目にいっぱい涙を浮かべて子どもの成長を喜んでおられた保護者を見て、私たちも感動させられました。
子どもを通して、保護者が・職員が・会場全体が、いっぱい感動をもらった一日でした。
 
ばら組の写真
 
もも組の写真
 
幼児全体の表現あそび:三つの国のあそび 幼児全体の表現あそび:三つの国のあそび(アランさんといっしょに)

 

 

紹介コーナーのページに戻る


 

     

TOPページへ  

 

   
園の紹介  
ロケーション  
基本方針と沿革  
今月の紹介コーナー  
保育内容  
年齢別保育内容  
地域交流  
食事  
多文化共生  
戸外活動  
表現遊び  
保護者の方へ  
保護者会活動  
年間カレンダー  
おたより集  
子育てステーションからのお知らせ  
新規入園をご希望の方へ  
Q&A集  
お問合せはこちら  
     
 

希望の家カトリック保育園
Copyright (C) 2001-2010 Kibounoie Hoikuen. All rights reserved.