<<<<<<<<<<<2006年10月のトピックス2>>>>>>>>>>>

 

ロシアのダンスの写真
 

プレビアット!  おはよう(ロシア語)
10月21日(土)幼児保育参加が、となりの公園で行なわれました。
今年は「ロシア・フェスティバル」。数年前から取り組んでいる多文化共生保育。

園の保育方針「共に生きる喜び」の中、隣人を愛する心をもち、共に生きる社会、世界を感じてほしいとの願いをこめ、様々な国の文化の異いに触れています。

今年は在日ロシア人オクサーナさん(女性)に来ていただき、子ども達とロシアの色々な遊びを通し、交流をしています。
多文化を「保護者の方々にも触れていただこう」と企画。

当日は、オクサーナさん、ロシア人のお友達2人、その子ども達3人も交え、ロシアの帽子作り
(女の子、男の子で形が違います。親子で工夫して色々なデザインの帽子が出来上がりました。)、

ロシアグッズ展示(人形、民族衣装、絵本、≪ロシア語、日本語によるロシア民話「おおきなかぶ」の読み聞かせ)等)、ステージ(オクサーナさん、お友達によるロシアの歌、踊り)、遊び(フラフープ、竹馬、ポックリ、縄跳び、昔を思い出し夢中で遊ぶ保護者の方々)などのコーナーを設けました。各コーナー盛り上がりました。

乳児、地域老人の方々も見に来て下さり、ステージで踊る姿に見とれ「綺麗〜」の声援。
最後は皆で作った帽子をかぶり、サルのダンスやカモのダンスを踊りました。

食欲の秋。お楽しみの食事はロシア料理のピロシキとボルシチ。ボルシチを外で作る匂いに誘われてレシピを覗き込むお母さん達。
特にボルシチは「美味しい・おいしい!!」と大好評。

一緒に来ていた3人の子ども達も、園児達とすっかり仲良しになり、オクサーナさん達より一足早く子ども達同士、一緒に食事をとっていました。
お年寄りの方々も、いつもよりも食の進む方が多くおられ、お代りラッシュで配膳係りは大忙し。

親子でロシアの文化にちょっぴり触れることが出来ました。秋晴れのもと、笑顔、笑い声が公園に広がった一日でした。
 

ロシアの民族衣装のひとつ、帽子づくり。

紙芝居です。

 

 

 

2006年10月の紹介コーナーに行く
2006年10月のトピックス1(運動会)に行く
紹介コーナーのページに戻る


 

     

TOPページへ  

 

   
園の紹介  
ロケーション  
基本方針と沿革  
今月の紹介コーナー  
保育内容  
年齢別保育内容  
地域交流  
食事  
多文化共生  
戸外活動  
表現遊び  
保護者の方へ  
保護者会活動  
年間カレンダー  
おたより集  
子育てステーションからのお知らせ  
新規入園をご希望の方へ  
Q&A集  
お問合せはこちら  
   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

希望の家カトリック保育園
Copyright (C) 2001-2010 Kibounoie Hoikuen. All rights reserved.