<<<<<<<<<<<2006年7月のトピックス>>>>>>>>>>>

 

2006年、お泊り保育の報告レポート(すずらんぐみ)
 

みんなが「もう一回 行きた…い!!」といっているお泊り保育。
 
全員参加で楽しく終わったお泊り保育。
保護者の方の中には初めての経験で不安を感じてられた方もおられたでしょうが、当日までの健康管理、持ち物の点検などしっかりしていただいたお陰で、みんなが「もう一回行きたい…!」と言うほど、思いでいっぱいのお泊り保育となりました。
ご協力、本当に有難うございました。
 

ろうそく点火の写真
 

ろうそく点火の写真2

お泊り保育の目的が3っつありました。


※仲間と協力したり、支えあったり、励ましあう気持ちを大きくしていこう。
(ちょっぴり、お家を思い出して淋しくなっても、みんながいたからきっと乗越えられたのかも…。)
 

※自分のことは、自分でする力をつけていこう。
(使うもの、使わないもの、洗濯するもの、新しい衣類などひとつのリュックサックの中だけを頼りにした生活でしたが、保育士に手伝ってもらいながらやる事ができました。保育室とは違うのか、ちょっと戸惑っている姿もありました。)
 
※自然の中で友達と思いっきり遊ぼう。
(テレビもゲームもない24時間でしたが、アッという間に時間が過ぎました。
オタマジャクシ捕りにカタツムリ探し。食事前の散歩で出会ったオブジェとの出会い。
ターザンロープと迷路のあるうすぐらい森の中。耳を澄ませば、川の水音やうぐいすの鳴き声。
いつ雨が降り出すかと心配しながらも、この日の為に計画していた活動は、ほぼ経験する事ができました。
「山科の家」へ行く途中、田んぼにしゃがみこんでのオタマジャクシ捕りにみんな大ハッスル。おかげで計画していたスイカ割りは、時間がなくってできませんでした。
 

変身」!
 

お料理づくりの写真

7月4日に、かんなぐみさんと一緒にお泊り保育のビデオを見ました。
笑顔と笑いとお喋りが部屋中に広がり、楽しさを想いだした子ども達から「また、行きたい!」の連発がとびかっていました。
 

夕食の写真
 

夕べの集い「ローソク作りにこめた気持ち」

夕べのつどい

子ども達が、ろうそく(ロウ)の不思議さ、楽しさ、色の美しさ、丁寧に作る事の大切さなどを感じてくれたらいいなあ…思いながら、ろうそく作りをしました。
つくっているその時、その時に子ども達から出できた言葉をつなげて、点火の時の「火のことば」をつくりました。
そして、ろうそく(ロウ)が熱(あたたかさ)により、いろいろ変化するように、すずらん組の皆が、いろんな事に対して、体も心も柔軟にうけこたえできる人になってほしいという思いをこめました。

熱(あたたかさ=愛)の役割として、まわりの大人や環境などから、いろんな愛を感じ取ってほしいと思っています。
お泊り保育を終えた今、子ども達一人一人がすこし大きくなったように感じています。

 

 

紹介コーナーのページに戻る


 

     

TOPページへ  

 

   
園の紹介  
ロケーション  
基本方針と沿革  
今月の紹介コーナー  
保育内容  
年齢別保育内容  
地域交流  
食事  
多文化共生  
戸外活動  
表現遊び  
保護者の方へ  
保護者会活動  
年間カレンダー  
おたより集  
子育てステーションからのお知らせ  
新規入園をご希望の方へ  
Q&A集  
お問合せはこちら  
   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

希望の家カトリック保育園
Copyright (C) 2001-2010 Kibounoie Hoikuen. All rights reserved.