<<<<<<<<<<<2009年12月のトピックス>>>>>>>>>>>

 

 

「みんなが待ってたクリスマス」

12月18日(金)、19日(土)2日にかけて保育園のクリスマス会が行われました。
 

18日は乳児のクリスマス会。

職員と子ども達、そして地域の老人の方達の参加もあり楽しいひと時を過ごしました。 
恒例の幼児のキャンドルサービスから始まり、小さいながらも、職員による紙芝居で、クリスマスが「イエス様の誕生日」なんだという事を、感じとれたと思います。
各クラスの子ども達の出し物、学童の先生が演じてくれたサンタクロース、お子様ランチの会食等みんなで大いに盛り上がりました。

幼児のキャンドルサービスを見ている乳児たち
 
19日は幼児のクリスマス会。

たくさんの保護者の方、OBに参加していただきました。
ちゅうりっぷ・かんな組によるキャンドルサービス。
ケープとペンライトをもった子ども達の歌声と笑顔がとっても素敵でした。

年長(すずらん組)はイエスの降誕「みんなが待ってたクリスマス」の聖劇をしました。
今年は、大型紙芝居風に設定。舞台で、ひとり・ひとり大きな声で台詞を言ったり、歌ったりした経験は大きな自信につながったことでしょう。
体調が悪くって休んだお友達の分もみんなでカバーし合って盛り上げました。
子ども達の「ひと言・ひと言」を優しい気持ちで聞いて下さった皆様、ありがとうございました。
ゲスト「アプリ」さんの擬音笛、保護者の方達が頑張って下さったパネルシアター、職員の骨ダンス。
会場からの、大きな笑い声や激励の言葉にクリスマスにふさわしいホッとな愛を感じました。

すずらん組による聖劇

最後に多文化共生保育で来ていただいている、フィンランドのニーナさんがサンタクロースになって登場。
「フィバー・ヨルワー!!」(クリスマスおめでとう!!)の挨拶を交し合い、待ちに待ったプレゼントもらった子ども達は、とっても嬉しそうでした。
 
保護者によるパネルシアター ニーナさんのサンタクロース

 

 

 


 

     

TOPページへ  

 

   
園の紹介  
ロケーション  
基本方針と沿革  
今月の紹介コーナー  
保育内容  
年齢別保育内容  
地域交流  
食事  
多文化共生  
戸外活動  
表現遊び  
保護者の方へ  
保護者会活動  
年間カレンダー  
おたより集  
子育てステーションからのお知らせ  
新規入園をご希望の方へ  
Q&A集  
お問合せはこちら  
   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

希望の家カトリック保育園
Copyright (C) 2001-2010 Kibounoie Hoikuen. All rights reserved.