<<<<<<<<<<<2014年12月のトピックス>>>>>>>>>>>

 

クリスマス
 

 
2014年12月5日
幼児で、京都駅クリスマスツリーを見学に行きました。
迫力あるツリーに、子どもたちは大興奮でした。
2014年12月20日 
幼児クリスマス会を開催しました。

クリスマスは、イエスの誕生をお祝いする日です。
イエスが生まれたのは約2000年前のユダヤの国、大国ローマに支配され、人々は多額の税金に苦しんでいました。

イエスの母として神から選ばれたのは、「身分の低いもの」と言われるマリアでした。
素直で謙虚な優しい人だったようですね。
父は大工ヨゼフ。
出産の日、マリアとヨセフは泊まる宿屋もなく、馬小屋で出産しました。
赤ちゃんイエスは飼い葉おけに。お祝いにかけつけた「羊飼い」は、当時定まった住まいもなく、教育を受ける機会もなく、人々から見下げられる存在だったそうです。

お金や地位に恵まれたきらびやかな世界とは無縁の場所での出来事でした。
このように、本当のクリスマスは、争いに傷ついているところに和解を、空腹に苦しんでいるところに食べ物を、憎しみの満ちているところに愛を待ち望む人たちによって、静かに迎えられました。
子どもたちは、クリスマスを迎えるにあたって、クリスマスについて知り、「優しさを分かち合う喜び」を学び、クリスマス会の準備をしてきました。 

いよいよクリスマス会当日。保護者のみなさんもたくさん見に来てくださいました。
オープニングは、3・4歳児(ちゅうりっぷ・かんな)のかわいいキャンドルサービス。ガウンを羽織ってペンライトを持って、クリスマスソングを歌いました。
次に、5歳児(すずらん)による聖劇「羊飼いが見たクリスマス」(ミュージカル劇)…見事でした!みなさんから絶賛の声をいただきました。
キャンドルサービス

聖劇の様子写真

保護者から子供たちに歌のプレゼント

その後、保護者の美しい歌声「Let It Go(ありのままで)」
ゲスト出演、ななし座のブラックライトショー「歌のメリーゴーランド」
職員によるハンドベル「もろびとこぞりて」「あわてんぼうのサンタクロース」

熱気を帯びてきた会場は、サンタクロース登場で大爆発。プレゼントをもらって「メリークリスマス」を6カ国語で大合唱して幕を閉じました。

メリークリスマスを皆で合唱

心に残る、感動的なクリスマスでした。
見に来て下さったみなさん、ありがとうございました。

 

 

     

TOPページへ  

 

   
園の紹介  
ロケーション  
基本方針と沿革  
今月の紹介コーナー  
保育内容  
年齢別保育内容  
地域交流  
食事  
多文化共生  
戸外活動  
表現遊び  
保護者の方へ  
保護者会活動  
年間カレンダー  
おたより集  
子育てステーションからのお知らせ  
新規入園をご希望の方へ  
Q&A集  
お問合せはこちら  
   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

希望の家カトリック保育園
Copyright (C) 2001-2010 Kibounoie Hoikuen. All rights reserved.