CONTENTS
  ■4年制のカリキュラムで学習する看護師課程
進歩する医療に対応するため、看護師には幅広く、高度な能力が求められています。そのため、看護師としての基礎を築く看護学校での学びはとても大切です。看護学科では、教育年限を「4年」にして国が指定する履修単位・時間以上に学習するカリキュラムを組むことで、深い知識と確かな技術を身に付け、看護師としての揺るぎない基礎を固めます。
  ■高度専門士の称号で大学院への入学資格も 
4年制のカリキュラムを学習する専門学校を卒業すると高度専門士の称号が授与されます。この称号は「大学卒業者と同等以上の学力を有する者」に与えることが学校教育法施行規則で認められていますので、大学院への入学資格が得られ、キャリアアップの一つである「専門看護師」への道が開けます。
  ■プラスαで実践力のある看護師を目指します
看護師教育課程をさらに充実させた教育プログラムと、専門学校の特性を生かした質・量ともに十分な学内外での実習で、患者さんに信頼される知識と技術を身に付けます。さらに、臨床の現場で通用する実践力を養うプログラムを導入し、ワンランク上の看護師を目指します。
  ■保健指導ができる看護師を目指します
健康に対する意識が高まり、看護師にも保健の知識が必要な時代を迎えています。看護学科では、併設する看護保健学科のノウハウを生かして保健師課程の一部の科目を履修するプログラムを取り入れ、保健指導ができる能力を身に付けます。看護師として人々の生命を守るだけでなく、健康と生活をも護ることができる人材を目指します。
閉じる