JAPANESE ARCHITECTURE IN KYOTO

京都の日本建築

高台寺 No.1

場所:
京都市東山区下河原町526:TEL 075-561-9966
拝観:
9:00-16:30(12月-3月は9:00-16:00):500円 中高生300円
交通:
市バス 206,207番 東山安井下車歩10分。
時代:
1606年(慶長11)秀吉の菩提を弔うため、北政所により開創。
1789年(寛政1)以後たびたび火災にあい、当時のものとしては開山堂(桃山時代。重文。元持仏堂、現三江和尚の塔所)を残すのみ。
見所:
時雨亭、傘亭:桃山時代の茶室。重文。
花 :
梅(3月上旬)、萩(9月中旬-下旬)
一言:
秀吉の正室、北政所高台院寧々(ねね)の建立の康徳寺を当地に移設、1624年(寛永1)建仁寺の三江紹益和尚を開山として迎え高台寺をと号した。正式名称は高台聖寿禅寺で臨済宗建仁寺派。







[No.1]開山堂 : [No.2]時雨亭 : [No.3]傘亭 : [No.4]傘亭

東山区に戻る

JAPANESE ARCHITECTURE IN KYOTOに戻る

増田建築研究所のホームページに戻る