JAPANESE ARCHITECTURE IN KYOTO

京都の日本建築

蓮華王院(三十三間堂) No.1


場所:
京都市東山区三十三間堂廻町657:TEL 075-561-3334,0467(妙法院):Zip 605-0941
拝観:
8:00-16:30(4月1日-11月15日),9:00-15:30(11月16日-3月31日):600円、高校・中学生300円、子供250円。
交通:
市バス 206,208番で三十三間堂前下車。市バス 207,特207番で東山七条下車徒歩3分。

概要:
天台宗。妙法院の所管。蓮華王院本堂が三十三間堂。
時代:
後白河上皇が法住寺に院御所として築造するため、比叡山妙法院の法印昌雲を別当に任じ、新日吉(いまひえ)の社を勧請して妙法院を洛中に移した。 院御所は法住寺殿と呼ばれ、そこに住んだ後白河上皇は、平安時代の1164年(長寛2)にその敷地の一角に、平清盛に命じて一千一体の千手観音を納めるために、内陣三十三間の柱間の観音堂を建立し蓮華王院とした。後白河法皇はここで梁塵秘抄を編纂した。その後不動堂、八幡社、五重塔、北斗堂などが建立されたが、度重なる震災などで失った。
鎌倉時代の1266年(文永3)に堂宇が再建され、奈良仏師、湛慶を始め慶派、円派、院派の仏師が本尊の千手観音座像(国宝)を挟んで左右に500躰ずつ、合計1001躰の千手千眼観音像(うち124躰は創建時のもの)を彫刻、両端に風神雷神像、背後には28部衆の立像を刻んだ。
見所:
世界一長いお堂。実際は桁行き35間、梁行き5間、南北118m、東西16.4m。
南大門や築地塀(太閤塀と呼ばれる)は秀吉の造営。いずれも重要文化財。
仏像:
一言:
通し矢:桃山時代に始まり、江戸時代の弓道の行事で本堂背面の縁側の南端から北端の的に向け、一昼夜弓を射続けた。
その行事は毎年1月15日ごろに行われる。内陣の無料開放・弓引き初め:9:00-16:00



9922-27.jpg

9922-25.jpg




[No.1]千躰仏1 : [No.2]千躰仏2 : [No.3]千躰仏3
[No.4]千躰仏4 : [No.5]蓮華王院本堂 : [No.6]本堂部分


東山区に戻る

JAPANESE ARCHITECTURE IN KYOTOに戻る

増田建築研究所のホームページに戻る