• JAPANESE ARCHITECTURE IN KYOTO
  • 京都の日本建築
  • 真珠庵

  • 場所:
    京都市北区紫野大徳寺町52:TEL 075-492-4991
    拝観:
    特別公開時のみ(春、または秋に年1回ぐらい)。
    交通:
    京都市バス(205,206)で大徳寺前下車すぐ。
    時代:
    永享年間(1429-1441年)に一休宗純を開祖として創建。応仁の乱(1467-77)により大徳寺は荒廃、真珠庵焼失後、1474年(文明6)一休宗純が大徳寺の第47代住持に任ぜられ復興に盡力、真珠庵は1491年(延徳3)堺の豪商尾和宗臨(おわそうりん)によって再興された。
    見所:
    庭玉軒(茶席)。方丈障壁画(室町時代)。七五三の庭園。一休禅師墨蹟。
  • およそ20年前に未公開ながら電話して押しかけたことがある。その時に、あまりのスケールのこじんまりさに驚嘆した。しかも、各部の寸法は厳密でまさに「花の占めたる位置の確かさ」であった。
     七五三の庭から中潜りを経て、茶室内にはいると、その狭小な空間に濃密な、しかもとぎすまされた空間があった。かなり長い間その中で心を澄ましているとそれぞれの素材の息づかいが触れんばかりに語りかけてくる想いであった。
     先日再び訪れたが、もう庭玉軒の中に入れさせて貰えなかった。しかし、その濃密な空間は未だに息づいている。

  • 同様な空間を経験したのは、フランク・ロイド・ライトの作品であった。兵庫県芦屋市にある山邑邸である。そして目白にある自由学園でも少しばかりその気配を感じた。こちらの方は、その非常に小さいスケール感が庭玉軒を思い起こさせた。

  • 近年は年に1回ぐらい秋、または春の特別拝観がなされることがある。各名席が拝観拒否をする中で、普段一般公開はしないとは言えその機会を与えてくれるのは非常にうれしい。真珠庵での感動は私の建築観の源泉の一つになっている。



    北区に戻る

    JAPANESE ARCHITECTURE IN KYOTOに戻る

    増田建築研究所のホームページに戻る