JAPANESE ARCHITECTURE IN KYOTO

京都の日本建築

法然院

場所:
京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町30:TEL 075-771-2420
拝観:
境内散策自由:9:00-16:00:毎年4月1日-7日、11月1日-7日に一般公開をする(有料)
交通:
市バス5,11,17,32,93,203で浄土寺又は南田町下車歩15分。
時代:
知恩院第38世萬無和尚が法然上人ゆかりの地に念仏道場の建立を発願、弟子の忍澂和尚によって1680年(延宝8)に創建。もと浄土宗。1953年に単宗宗教法人になる。
見所:
庭園:池泉回遊式。創設時(江戸時代初期)の庭園を大正時代に改造。 方丈:伏見にあった1595年(文禄4)建築の御西天皇の皇女の御殿を1687年(貞享4)に移建したもの。
襖絵:狩野光信筆(重文)。安土桃山時代。
紅葉(11月中旬)、椿(3月下旬から)。
一言:
法然上人(1133-1212)の念仏道場の地。内藤湖南、浜田青陵、九鬼周造、河上肇、谷崎潤一郎、福田平八郎など学者文化人の墓がある。







左京区に戻る

JAPANESE ARCHITECTURE IN KYOTOに戻る

増田建築研究所のホームページに戻る