JAPANESE ARCHITECTURE IN KYOTO

京都の日本建築

南禅寺 No.1

場所:
京都市左京区南禅寺福地町86:TEL 075-771-0365:Zip 606-8435
拝観:
拝観時間:8:40-17:00(12月-2月は8:40-16:30)、12月28-31日は休。
方丈庭園料金:500円、高校生400円、中・小学生300円。
三門(山門)料金:500円、高校生400円、小中学生300円。
交通:
市バス法勝寺町下車歩5分。地下鉄東西線で蹴上駅下車徒歩5分。
時代:
開山は鎌倉時代後期だが、現存する建物は全て近世の再建。
見所:
三門、方丈、方丈庭園。
一言:
瑞龍山太平興国南禅禅寺が正式名称。臨済宗南禅寺派の大本山。北方に禅林寺がある所から寺名を南禅とされた。
建造物:
  • 三門(山門):重文。鎌倉後期の1295年(永仁3)完成。1628年(寛永5)に藤堂高虎の寄進により再建。 京都三大門の一つ。他は知恩院,東本願寺大師堂門(御影堂門)。江戸時代(1628年)の康音作の木造十六羅漢像が安置されている。
    歌舞伎「楼門(さんもん)五三桐」で石川五右衛門の見栄を切るところで有名。
  • 仏殿:最初に着工された伽藍。1293年(永仁1)落成。金剛王宝殿と命名される。現仏殿は1909年(明治42)の再建で法堂を兼ねる。
  • 大方丈:国宝。桃山時代の1590年(天正18)秀吉が造営した内裏の清涼殿(実際は女院御所だった)を江戸前期の1612年(慶長17)に拝領し移建したもの。一重入母屋造り柿葺き。
    方丈は豪華絢爛な狩野派の障壁画で満たされる。
  • 大方丈庭園:虎の子渡しと俗称される。独立した六個の石を配置する。
  • 僧堂:鎌倉後期の1295年(永仁3)完成。応仁の乱(1467年)で焼失したが、江戸後期の1798年(寛政10)再建。
  • 勅使門:重文。江戸前期の1641年(寛永18)御所の日の御門を移建。総欅造の桧皮葺四脚門。
  • 鐘楼:江戸前期1623年(元和9)の再建。
塔頭:
門内に金地院(方丈、八窓席)がある。天授庵、帰雲院、聴松院、南陽院、真乗院、高徳庵、正因庵、法皇寺、慈氏院、正的院、光雲寺など。
花:
桜(4月上旬)、紅葉(11月中旬)
  • 参考文献:古寺巡礼 京都12 南禅寺;杉森久英、勝平宗徹、桜井景雄;淡交社;1977/04/20



    pcd01-46.jpg
    • 三門。重文。



    9914-12.jpg
    • 三門と山廊。



    [No.1]三門 1 : [No.2]三門 2 : [No.3]法堂 : [No.4]大方丈・庭園
    [No.9]茶室・渡廊下 : [No.10]納骨堂・専門道場 : [No.11]水路閣

    左京区に戻る

    JAPANESE ARCHITECTURE IN KYOTOに戻る

    増田建築研究所のホームページに戻る