豊国神社(ほうこくじんじゃ)・方広寺(ほうこうじ)・耳塚(みみつか)

豊国神社豊国神社
 慶長3(1598)年8月18日、天下統一を果たした英傑豊臣秀吉は伏見城においてその波乱に満ちた生涯を終えた。遺骸は遺命により東山阿弥陀ヶ峯の頂に葬られ、翌慶長4年、中腹に秀吉公を祀る壮麗な豊国社が創建された。しかし繁栄を極めた豊国社も慶長20(1615)年、大坂夏の陣において豊臣家が滅亡すると徳川家康により廃祀。以後江戸時代を通じ草叢に埋もれてしまっていたが、明治元(1868)年、明治天皇の御沙汰により再興が決定。同6年、別格官弊社に列し、同13年には方広寺大仏殿跡地に社殿が造営され名実共に再興された。現在の社殿は1880年(明治13)に再建のもの。唐門(国宝)は伏見城の遺構で桃山期の逸品。境内の宝物館には秀吉遺品の唐櫃(重文)も。宝物館拝観有料。9月18日は「例祭」で、旧暦8月18日が祭神・豊臣秀吉の命日に当たる。翌9月19日、茶道・藪内流家元による献茶式がある。建立:1880(明治13)年
●お問い合せ先   075-561-3802


方広寺方広寺釣鐘
 豊国神社に隣接しています
 1586年(天正14年)豊臣秀吉が創建した天台宗の寺。秀吉はこの地に奈良の大仏にも比すべき六 丈(約18m)の大仏を安置した。しかし1596年(慶長1年)地震のため破壊し98年秀吉の死後、子の 秀頼が再建をして1612年に完成した。ついで巨鐘が造られ、1614年(慶長19年)その供養にさい し「国家安康」の文字が刻まれていたため家康が言いがかりをつけ、これが契機になって大阪の陣  が起こり、豊臣氏の滅亡となった。これがその釣鐘です

国家安康


耳塚耳塚(鼻塚)(豊国神社のすぐそば)

 この塚は、16世紀末天下を統一した豊臣秀吉がさらに大陸にも支配の手を伸ばそうとして、朝鮮半島に侵攻したいわゆる文禄慶長の役(朝鮮では、壬辰・丁酉の倭乱、1592〜1598年)にかかる遺跡です。秀吉輩下の武将は、古来からの戦功のしるしである首級の代わりに、朝鮮軍民男女の鼻や耳をそぎ塩漬にして日本に持ち帰った。それらは秀吉の命によりこの地に埋められ、供養が営まれた。これが伝えられる「耳塚」のはじまりです。
耳塚」は、史跡「御土居」等とともに京都に現存する豊臣秀吉の遺構の一つであり、塚の上に立つ五輪の石塔は、その形状がすでに寛永20年(1643)の古絵図にみとめられ、塚の築成から程ない頃の創建とのこと。
秀吉が起こしたこの戦争は、朝鮮半島における人々の根強い抵抗で敗退に終わったが、戦役が遺したこの「耳塚」は、戦乱下に被った朝鮮民衆の受難を、歴史の遺訓として、今に伝えています。参拝者がいつもあり、献花がとぎれる事がありません。