出版案内

もう一人のソシュール

Books Guide

ホーム

出版案内

本のご注文

リンクページ

ゲストルーム

出版相談

もう一人のソシュール

小松英輔 著

相原奈津江

序 松澤和宏

 日本人で初めて実際に原資料の調査を行い、マイクロフィルムで記録した国際的評価の高い著者による『ソシュール自伝』、アナグラムについての『事前に読むべき最初のノート』等の全訳をはじめ、『一般言語学はどのようにして書かれたか』、『もう一人のソシュール』、『ソシュール研究のために』等の論考、そして言語学と記号学と神話学を結び合わせている『ホイットニー』、神話のディスクール『トリスタン』の原テキストの掘り起し全文を収録。

 序文は、小松英輔氏の『一般言語学講義』の掘り起し作業に携わり、日本を代表する国際的なソシュール研究者である名古屋大学大学院教授の松澤和宏氏。

目次

序文 松澤和宏
  
I
 ソシュール自伝
 ソシュールの原資料
 ソシュールの神話・伝説研究および未刊資料の公開
 ソシュール『一般言語学講義』はどのようにして書かれたか 
 もう一人のソシュール(I) ――ソシュールの「アナグラム」について
 もう一人のソシュール(II)――ソシュールの「原典資料」の調査から
 ソシュール研究のために(1) 
 ソシュール研究のために(2) セシュエ著『理論言語学の素案と方法』についてのソシュールの書評の下書
 ソシュール原典資料目録解説 
 ソシュール原典資料目録解説(続)

II
 Essai semiotique du texte de Jean RACINE

――rythmique et semiotique――
 文学とオノマトペ
 源氏物語の固有名詞 
 言語学と失語症

III
 "Notes pour un article sur Whitney" de F.de Saussure
 TRISTAN-Notes de Saussure


序文 松澤和宏氏 『小松英輔氏とソシュール文献学』
 
本書は、元学習院大学教授の小松英輔氏がこれまでに発表されてきたソシュールに関する主要論文およびソシュールの自伝的回想の邦訳を収録したものである。 
 フェルディナン・ド・ソシュールの名が冠せられている『一般言語学講義』は、弟子にあたるシャルル・バイイとアルベール・セシュエの手によって編纂・執筆されて、ソシュールの死後三年目にあたる1916年に刊行された。現代言語学の公認聖書のごとき権威を賦与され、現代思想の原点などと評されるこの編著書は、学生の聴講ノートを参照しつつも、三回の異なる講義を「有機的全体」に仕立て上げたもので、その成立そのものにおいて深刻な問題を孕んでいた。小松氏は、「一般言語学講義」に出席した学生の聴講ノートを判読転写して三回の講義の校訂版を世界に先駆けて刊行したことで、国際的に令名を馳せた研究者である。パーガモン社から刊行された校訂版には見開きで英語の対訳が付されており、刊行当時から国際的反響を呼び、パリ言語学会誌の書評欄でも取り上げられ、現在でも研究論文で頻繁に参照されている。日本の読者は今日この校訂版を日本語で読むことができる恩恵に浴している。

(略)私が小松氏からの誘いに応じて、「一般言語学講義」の校訂版作成に協力したのは、1994年から95年にかけてのことであったと思う。(略)小松氏が、フィルム230本、8200コマにも及ぶ厖大な量の原資料へのアプローチを決意し敢行された経緯は、本書収録の「ソシュールの原資料」で詳しく述べられている。原資料の評価において丸山圭三郎氏との間に齟齬をきたしたというエピソードは、読者には意外に思われるかもしれないが、今から振り返ってみると、実に象徴的である。なぜならば、そのエピソードにはソシュール研究の相異なる二つの方向が凝縮されて示されているからである。(略)
 小松氏が精緻な分析によって明らかにしているように、『一般言語学講義』の編著者は第一章の「言語学史一瞥」を執筆する際に、これまでの言語研究の歴史をラング(言語規範、言語体系)を唯一の対象とする科学(本書42頁以下を参照)へ至る過程として提示すべく、聴講ノートを巧妙に書き換えていったのである。そこに一般理論を扱うラングの言語学、すなわち一般言語学こそ師の「決定的な思想」であるという編著者の予断ないしは固定観念が窺えよう。事実、管見の限りでは、自筆草稿においても、ソシュールがみずからの研究を「一般言語学」として積極的に規定している箇所は一つも見あたらない。ソシュールが「一般言語学」の樹立を目指していたという通説は、少なくとも現時点では文献学的な裏付けをまったく欠いているのである。(略)本書の目次にも明らかなように、小松氏の文献学的研究は、晩年の「一般言語学講義」の復元に限られていたわけではない。ソシュールのトリスタン神話やアナグラムをめぐる考察をすでに1980年代に視野に収めて、濃霧の立ちこめる自筆草稿の原野への探索の旅をすでに開始されていたのであった。加筆や削除にしばしば覆われている草稿は、初歩的な知識を持ち合わせていない学生を相手にした「一般言語学講義」の聴講ノートとは趣が大きく異なり、暗中模索の探究の過程を生々しく伝えている。当時の言語学の埒には到底収まらない、広範囲にわたるこうした探究の底流には、しかしながら、つねに記号や言語の同一性とは何か、という根本的な問いがあることに留意しておきたい。(略)書庫の奥で一世紀余り眠っていた文字が目覚め、ゆっくりと身を起こし、それらが光源となってどのような光をいかなる方向に発することになるのか、ソシュール文献学は、ソシュール没後一世紀を迎えようとしている今日でもなお道半ばなのだと言ってもおそらく過言ではないだろう。
 (略)言語一般への問いをあくまでも具体的な言語事象の分析と表裏一体のものとして深めていったソシュール、饒舌な抽象的思弁を潔癖に斥けると同時にみずからの学的操作に潜んでいる暗黙の前提への徹底した反省を深めていったソシュールを他でもない言語学的思考の先蹤としえないとすれば、言語研究にとって不幸なことである。日本の研究者は、言語論の渦中の単なる泡沫でないためには、小松英輔氏の先駆的な文献学的探究の成果を貴重な財産として所有することを誇りとすべきであろう。(略)

「出版ニュース」・2011年11月号中旬号 「もう一人のソシュール」

 ソシュールが「一般言語学」の樹立を目指していたという通説は、少なくとも現時点では文献学的な裏づけを全く書いているのである(松澤和宏)――(中略)小松英輔著『もう一人のソシュ ール』は、ソシュール研究の碩学による研究の成果の一端を集成していたものである。ソシュール研究には相異なる二つの方向があるという。一つは、日本では故丸山圭三郎氏に代表されるよう に〈ソシュールの創造的受容〉ともいうべき研究。他方は、ソシュールの言語的探究を、ソシュールが生きた歴史的文脈・個別性において丹念に読み解こうとする〈文献学的営為〉。日本人で初 めて原資料の調査を行い、マイクロフィルムで記録した著者の仕事は、後者のに属する。(中略)序文は松澤和宏「小松英輔氏とソシュール文献学」。松澤氏は著者の『一般言語学講義』の堀り 起こし作業に共に携わっている。(後略)

「書評」 「評者」:阿部宏氏(東北大学フランス語学・一般言語学)  図書新聞・2011年8月13日、第3026号より 

「ソシュール」以前のソシュール、「ソシュール」以外のソシュール――ソシュール原資料研究の試み――                        (前略)いったいソシュールの何が、言語研究者を、またかくも多様な領域の専門家を魅了してきたのであろうか?その言語思想のオリジナリティの源泉はどこにあったのだろうか?あるいはまた、ソシュールを単に祭り上げるだけではなく、今日的な観点から相対化することも必要ではなかろうか。などなど、言語学においても人文社会諸科学においても構造主義への熱狂から醒めた現 代にあってこそ、この種の問題意識が必要とされ、またそのためには本書の小松氏のような自制的な文献学的研究に立ち戻ってみる必要があるだろう。(中略)                 種々の概説書により作り上げられたイメージは、その硬直性から解放され、しかし、また新たな謎が掘り起されたかのようである。これが原資料研究の醍醐味であろう。

 弊社の書籍をお求めの方は、最寄りの書店、ネットショップにお問い合わせ下さい。万一在庫がない場合は、お手数ですが、直接弊社にFaxまたはメールでお申し込み下さい、一両日中にお送りします。詳しくは、『本のご注文の頁をご覧下さい。 

エディット・パルク  〒617-0822 京都府長岡京市八条が丘 2-2-12-206

Fax 075-955-8502 Mail : cogito@mbox.kyoto-inet.or.jp

エディット・パルク Copyright(C)2001