DUNCAN's PROFILE
 
 

生まれて初めて自主的に音楽に接したのは、小学校の時に小遣 いを貯めて買った

『アホの坂田』のシングルレコードでした。(^^;
 

同時期、やりたいと言った覚えもないまま妹が習っていたオル ガンの先生になし崩し的に師事。

この頃教わったことは何一つ身についていないし憶えてもおり ません。☆バキ\(ーーメ

もう名前すら覚えていないのですが、先生、誠に申し訳ない。
 

m(__)m
 

んで、自主的に楽器に触ったのが中学2年の時に触れたギ ター。

歌本に載っていた左手のコードフォームがヘンな書き方をして いたため、

ネックを上から押さえるという、世にも奇妙な奏法をあみ出し てしまいました。

数ヶ月の間はそれで練習しておりましたとさ。(^^;;;
 

中学卒業時、予餞会でベースを弾く人間がいなかったため、急 遽借りた楽器で練習。

ところがところが、これが楽しかったのですねェ。(^^)
 

手の大きな僕には太い弦と、広い弦幅がありがたかったし、何 よりサウンドの土台を支える
 

快感 (*^o^*)
 

が、たまらなかったのです。
 

高校時代、学校の文化祭にバンドで出る段取りをしたのです が、当時

いっしょにバンドをやっていた他校のギタリストを内緒で出演 させ、
 

大問題に。(^^;
 

新設バリバリの公立高校だったので、けっこう厳しかったので す。えらく怒られてしまった。
 

これとは別に「渡辺 大之伸」と出会い、上とは別のバンドをやっており、自費制作で

シングルをレコーディング。その時のギターが何と「茶々丸」 こと藤村幸宏

当時の彼はジェフ・ベックに狂っておりました。(^^)
 

当時の写真見たい?(^^; ――――→ ここ
 
 

19歳の時にレギュラー職業ベーシストとして、京都のとある ディスコにデヴュー。

お金が無く、「バンスキング」を地でいっておりました。

で、そのディスコバンドのバンマスがブルーズ・ハーピストの GOMAさん。

当時はコンガを叩きながらSoulを歌っておられました。 (^^)
 

音楽的なアドヴァイスはもちろん、東京に連れていってもらっ たり、

すごくお世話になりました。
 

m(_ _)m
 

’84年、プログレッシヴ・ロックバンド「フロマージュ」、

ファンクグループ「UNIT-4」に参加、

生まれて初めて「ツアー」なる物を体験しました。

えっと、広島、北九州、博多、東京が2回・・・だったかな?

この時に今で言うインディーズレーベルからアルバムをレコー ディングしております。

(ONDINE / Fromage BELLE ANTIQUE9458)
 

’86年、ラテントリオ「エルマノス・ミシナ」に参加、2年 間在籍。

ラテンのスタンダードをてんこ盛り叩きこまれました。

しかしこれはとても有意義だったなぁ。
 

教訓:芸は身を助く
 

’90年、 「アリヨ」こと、有吉須美人さん (6年間シカゴで活躍していたブルーズピアニスト)
 
 

の結成したブルーズバンド 「アリヨズシャッフル」のレギュラーベーシストとなり、

シカゴのブルーズ ・ゴスペルヴォーカリスト、故ヴァレリー・ウェリントンの

ジャパンツアーに参加。

高円寺JIROKICHIでのLIVEをメインにしたCDが 出ていますが、入手は困難かも。
 
 

("SHUFFLE" / Ariyo's Shuffle UKProject UKCP-1014)
 
 

また、’91年のブルースカーニバルにもヴァレリーと共に参 加、ツアーに同行。

「花博」のステージでもやりました。
 

何よりヴァレリーとプレイできた事、彼女と出会えた事が、僕 のプレイを変えました。

優れたシンガーのサポートとは、これほど楽しいことなのだ、 と。
 

残念ながら彼女は’93年1月に夭折してしまいました。

まだ30代半ばでした。

この場をお借りして彼女への感謝のメッセージを残しておきま す。
 

Dear Valerie,

You'd really inspire me.

You gave me a lot of important things to play music.

Thank You very much You were there.

May God bless your soul.
 
 

ヴァレリー、本当にありがとう。
 

そして、ヴァレリーと引き合わせてもらえたアリヨさんにも、

本当に感謝しています。
 
 

’92年、 古谷 充さん、東原 力哉さんなどのそうそうたるメンバーからなる

ラテンユニット「ザ・トランジション・ハバナジャム」に参 加。

何とヴォーカリストとして。(^^;;;
 

「うっそぉ〜〜〜〜っ!」
 

って感じやったなぁ。
 

この時確信したのが「僕はフロントマンには向いてない」って 事。

あんなにMCのへたくそなフロントはまずおらんやろ。 (ToT;

古谷さん、力哉さん、田中裕士、神田さん、メンバーの皆様、

ご迷惑おかけしました。
 

m(__)m
 
 

同時期、京都ブルース連盟会長多田 タカシ等と、「アコースティック・ブルーズナイト」結成。

これ以前にも多田さんやハルちゃん(田中晴之)とはブルーズ をやっていましたが。

インディーズですが、CDをリリースしております。

"Roku-De-Nashi"/ Tada Takashi & Acoustic Blues Night  KIBRE Records KBCD1901)
 
 

大体この辺やと思うのですが、元BlueHearts、現↑TheHigh-Lows↓

甲本ヒロト君と仲の良いアリヨさんを介して、アリヨさんと共に

彼のソロ・アルバムのレコーディングに参加することが出来ま した。

 

富士山のふもと、山中湖から沼津ヘ抜ける途中にあるスタジオ で、合宿状態。

松本照夫さん(Dr.元West Road B.B.)三宅伸治さん(Gt.)らと、

4日間で3曲をあげました。

楽しかったなぁ、バンガローに泊まって。
 

・・・ところが、これがまだリリースされていないのです。
 

(T◇T)ドドォ
 

’95年、渡辺 大之伸、Funky松田、Jaye公山、Silky藤野の4名からなる

ソウルコーラスグループ、「The All Nations」に参加。

これがJAYEさん、SILKYさんとの出会いでした。
 

『やっぱりいたんやなぁ、日本でもこんなに歌える人たち が。』
 

「目からうろこ」状態で、しかもそういう凄いシンガーたちと 共演できたのもうれしかったです。

で、間もなくJAYEさんがSamCookeフ リークであることも判明、これもうれしかった。(^^)
 

その後すぐに、ブラザー・トムさんの音頭で始まったユニッ ト、

「REALBLOOD」の関西部隊にも入隊。(笑)
 

REALのお陰で日本全国津々浦々、色々なところでプレイさ せていただいてます。

トムさんに感謝。m(_ _)m
 
 

Jayeさんのソロワークや、「Jay'sMass Choir」 でもBASSを弾かせてもらえるようになり、

アマチュア時代に何度か共演させていただいたっきりのCHAKA姉さんとも再会、

何度も同じステージを踏ませていただきました。\(^O^) /
 

’98年5月にJMCのデヴュー・アルバム 『JOY』 が、P-VINE レコードから

リリースされています。

"JOY"/ Jaye's Mass Choir P-VINE Records  PCD-2542)
 
 

んで、んでです!!
 

僕の今までの音楽人生の中で文句なく1番のイヴェントは、 ’97年。

ある日アリヨさんから電話があって、Chicago在住のギ タリスト、

菊田俊介さんからの紹介で、大御所
 

「The Staple Singers」

が、日本でのツアーメンバーを探している、とのこと。
 
 

『やりますっ!やらせて下さいっ!!!』
 

と、お願いして、ブルーノート大阪で6日間、

彼らと一緒にプレイさせていただきました。
 

(T◇T)カンルイ
 

この時は『ギタリストもいない』との事だったので、 GUTTI谷口さんにお願いしちゃいました。

GUTTIさん、ありがとうございました。

(^^)
 

Staple一家は本当に気さくで良い人たちで、末っ子で リードシンガーのMavisは、

プリンスなどとも共演している物凄いシンガーなのですが、な んかもう
 

「大阪のおばちゃん」状態。
 

(わ〜〜〜すんません!m(_ _)m>Mavis)

で、僕がSam Cookeがアイドルだ、と言ったら、Staple家とSamの実家とは

2ブロック程しか離れていないことや、L.CCooke (Samの弟)とは歳が近く、
 

「L.Cはあたしのボーイフレンドやってんでぇ!」
 

などと、も〜ホンマにたまらん事をおっしゃってました。 (@@;
 
 

’99年、念願のREAL BLOODのファーストCD、

ミュージカル "Miracle Blind Boys"のサウンドトラックの

レコーディングにも参加、今に至る、と。
 

("REALBLOOD" / REAL BLOOD Masara (真皿) REAL-1999)
(Miracle Blind Boys / Blue Oyster 0000-000)
 

ま、こんなもんです。(^^;Aフキフキ

長くなっちゃいました、最後までお読みいただいてありがと う。








 
 

Back to TOP