手 話

I LOVE YOU  
       
手話について

聴覚障害者のコミュニケーションの
手段の一つとして使われている。
最近はテレビドラマや映画で放映されるようになって
若い人達を中心にあまり抵抗なく受け入れられるように
なってきた。以前は、特別な世界で使われるように思われて
いたが。
手話は聴覚障害者だけに使われるのではなく
健聴者にも便利な手段であることが理解されつつある。
例えば、電車やバスの窓越し、プラットホームでのホーム越し、
賑やかな場所の離れた位置でのやりとりなど。
人はゼスチャーやブロックサインなど言葉を使わずに
コミュニケーションをはかっていることがある。ボディランゲージ
である。
手話もボディランゲージの一つで、聴覚障害者を理解するに必要な
手段である。

  つぶやき

手話を覚えたきっかけは
1990年、聞こえる方の耳の手術(真珠腫)をしてからだ。
手術した時は聞こえなくなるのを覚悟して下さいと言われた。
幸い、前の状態に近く聴力が戻ったが
将来、全く聞こえなくなることを心配した妻が
手話サークル「エプロンおばさん」(右京区)に通い
習ってきたことを私が教わるようになった。でもなかなか身につかない。
妻は今、亀岡の手話サークル「四季の会」に通っている。
私は難聴者手話サークル「くらま」に2000年1月より入会、
歳の所為かなかなか覚えられなくて大変なのだ。

 
手話関連リンク

くらま        京都難聴者手話サークル

みみあるてネット    聴覚障害者と健聴者のネットワーク

みみずく        京都市手話学習会