道路標識豆知識


規制標識で、このようなのものを目にする。何気なく見てると、絵は「トラック」と「バス」が描いてあり、文字は「大型・大特」と書いてある。絵はトラックつまり大型貨物とバスつまり大型乗用車を指定しいるのに、文字は大型と大型特殊と云っている。絵に大型特殊は書いてないではないか、大型も文字の意味するところは何?大特は大型には含まれないの?疑問は湧くばかりだ。 【解説】まず、トラックの絵柄はトラックを指すものではなくて、正確には「大型貨物自動車」と定義されている。この「等」がポイントで、具体的には「大型貨物」と「大型特殊」の両者を指すのである。よって、「バス」の絵柄と合わせると、結局「大型貨物」と「大型特殊」と「大型乗用」の3者を指すのである。
一方、文字の「大型・大特」について。「大型」の中には「大型貨物」と「大型乗用」が含まれるから、結局、絵柄も文字も「大型貨物」(=トラック)、「大型乗用」=バス、「大型特殊」の3種を指して、いわゆる大型車すべてを対象としているのである。つまり、この絵と文字は合計すると同じことを指しているのである。
例えば左の看板は、「大貨」を対象とする補助看板が示されているので、要は(大型)トラックだけを対象とするものである。つまり「大型特殊」と「大型乗用(バス)」は対象とはならない。先述べたように、「大貨」だけを表す絵はないので、必然的に文字表示となる。
補助看板に「大貨・大特」と表記されていれば、規制の対象は、大型貨物(トラック)と大特(大型特殊)に限られ、「大型乗用(バス)」は通行してもよいということになる。
大型車両の規制をする場合に「マイクロを除く」というのがあれば、一般の大型(大型貨物、大型特殊、大型乗用)は規制の対象となるが、マイクロ(バス)は対象外となるということを意味する。
「路線バスを除く」とあれば、観光バスもスクールバスもマイクロも定期路線でなければ通行してはならないということになる。

大型車両の分類


大型自動車
大型貨物自動車
大型特殊自動車(大特)

大型特殊自動車

大型貨物+大型特殊

大型貨物自動車(トラック)

大型貨物+大型乗用
大型乗用自動車
大型乗用自動車(バス)

大型乗用自動車

自動車・原付について
自動車・原付 二輪の自動車以外の自動車 同じようなことが、左記の看板についてもいえる。つまり、絵柄だけをみれば、上段は四輪車、下段は二輪車の通行禁止を示しているように思うが、正確に述べると、上段は「二輪の自動車以外の自動車」、下段は「二輪の自動車および原付」が対象となるのである。よって、両者を併せると要は、自動車(二輪の自動車も含む)と原付を対象としているので、「自動車・原付」という補助標識と同じ内容を表現しているのである。
そもそも、車両は自動車・原付・軽車両に分類されるので、「自動車・原付」といえば、エンジンの付いているものすべてを指すことになり、「軽車両を除く」という表現と内容は同じである。
この標識の意味するものは何か。先述のように、この絵の意味するところは、二輪自動車・原付であるので、自動二輪車を除けば、要は「原付」を対象としていることを示すのである。最初から「原付」と表記したらいいのにと思うが。
二輪自動車・原付

速度規制標識の補助標識の中に「市内全域」というものがある。平成4年の道路交通法改訂で、最高速度や駐車禁止の補助看板が省略できるようになってからは徐々に目にすることがなくなってきた。最近では、補助看板には地域や区間を示す固有名詞が付記されていることが多い。、「市内全域」の補助看板の意味するところは、基本的には市内全域の法定速度は40km/hで、バイパスなど特に指定する区域のみその限りではないという昔の現状の名残であるようだ。このことを裏付けるかのように、補助看板の中には「これと異なる指定区間を除く」とご丁寧に断りを述べているものもある。

通行止めに関連して(似てるようで微妙に異なる)
車両通行止め 車(自動車、原付、軽車両)は通行できない。
通行止め 車(自動車、原付、軽車両)のみならず、歩行者、リヤカー、路面電車などすべてのものが通行できない。

「投雪禁止区域指定表示板」について
高速道路などで除雪した雪を、ここから下に投げ捨ててはいけませんという区域を示す。 投雪禁止区域始点(禁止)と投雪禁止区域終点(解除)がペアになって投禁止区間を示す。
四角いほうが禁止区域の始まりで、十字のほうが禁止区域の終点を表わす。ちなみに開始板の青は1辺10cm、黄は1辺30cm、終了板の青は1辺10cm、黄色も1辺10cm。目の錯覚て、どうみても開始板の青の方が大きくみえるが、規格の上では青の部分は実は同じサイズである。
要はこの表示が立っている範囲では道路に民家や生活道路隣接していたり行き来する人や車への影響を配慮して、投雪禁止とし、この場所には雪を投げないように除雪作業を行うというものである。

空港案内に活躍する飛行機マークたち
中国自動動を東行きで走る。宝塚を越えるとやがて大阪(伊丹)空港と関西空港の道標が登場する。それぞれ、直線しなさいといわぬばかりに飛行機マークもまっす向いている。 池田・豊中といえば、伊丹空港に降りる人が利用するインターである。関西空港へお越しの方はここで降りずに直進せよよといわんばかりに真っ直ぐ向いている。 池田・豊中インターでは明らかに、大阪空港は左に折れて「ここで降りなさい」、関空に行く人は「直進しなさい」、と飛行機マークが矢印の役割も果たしているようにみえる。 いよいよ、出口では飛行機マークはどうみてみ矢印の役割を果たしているようにみえる。 実際には存在しないが、もしこんな看板があったら紛らわしいだろう(想像図)。