自 己 紹 介

1 はじめに
氏 名 藤 本 一 郎
 Fujimoto Ichiro
あだ名 ぎーち
職 業 弁 護 士(日本(大阪弁護士会、日本弁護士連合会)および米国ニューヨーク州)
 所属事務所:弁護士法人淀屋橋・山上合同
 所属弁護士会委員会:法曹養成・法科大学院協力センター委員、司法改革推進センター法教育部会委員、消費者保護委員会委員
住 所 京大近く、ひらがな館の近く。大学入学当初からずっと一緒、だったが、最近引っ越した。
性 格 素直だけど不器用。仕事は文系だけど、頭のナカミは理系に近い??
 初対面で嫌われやすいのを本人も気にしてる。でも、意外と人付き合いは長続きする方かも。
 少年のような熱い心を持ってる、と自分では思ってる。

2 経歴関係
1975年山口県宇部市で出生(母の実家)
その後広島市南区仁保新町のマンションに住む
1986年12月 2日広島市安佐北区桐陽台のおうちに引っ越し
1988年 3月20日広島市立三入東小学校卒業
1991年 3月10日広島市立三入中学校卒業
1994年 3月 1日広島県立安古市高等学校卒業
1年間広島YMCA予備校経由(ちなみに阪神大震災の中、広島から寝台特急に乗って同志社大学を受験しに行ったその寝台で対面で寝た、岡山から乗ってきたおっさん!あんたの鼾のせいで一睡もできずに落ちちゃったヤン!)
1995年 4月11日国立京都大学法学部入学
1999年10月29日司法試験(日本)合格
2000年 3月24日国立京都大学法学部卒業
2000年 4月 1日司法研修所入所(54期司法修習生)
2001年10月 5日司法研修所卒業
2001年10月 6日大阪弁護士会登録
2005年 8月19日University of California, Los Angeles (カリフォルニア大学ロサンゼルス校。通称UCLA), School of Law, LLM program 入学
2006年 5月12日University of California, Los Angeles (カリフォルニア大学ロサンゼルス校。通称UCLA), School of Law, LLM program 修了
2006年 9月 5日Squire Sanders & Dempsey LLP, Los Angeles Office出向
2006年11月14日司法試験(米国ニューヨーク州)合格
2007年 1月24日米国ニューヨーク州弁護士登録
2007年 5月25日司法試験(米国カリフォルニア州)合格

3 好きなもの・こと(読みづらくてごめんなさい)
 
(スポーツ関係)
 広島東洋カープ、メジロブライト、テイエムオペラオー、ジャングルポケット、ヒシミラクル(馬の名前×4)、水泳、スポーツ観戦全般

(食べ物関係)
 明治十勝ヨーグルト(増粘多糖類不使用で安心、4個セット)、りんご、梨(幸水)お好み焼き(もちろん広島風。京都では「みかげ」というお好み焼き屋大好き・・・だったが無くなった。)、そばぼうろ、紅葉饅頭、ういろう、ワイン(白ワイン・・・ドイツの甘いのから、フランスの辛口まで、だいたい何でも)、カマンベールチーズ、京大の大学生協の「キムチ鍋」、「じゃがりこ」、ファーストフード系なら「モス」(モスで勉強とかして時間潰すのは楽しい)、カフェはありがちやけど「スタバ」(かつソファー席を占拠できると最高!)、ラーメン(京都では「あかつき」「東龍」「いいちょ」(この順)がお気に入り。LAでは「大黒屋」(ダウンタウン)「チャブヤ」(West Los Angeles)に行きます。)

(政治関係)
 平和、民主主義
 でもいわゆる「赤」ではありません。自分的には、センターがやや左よりに守っている、って感じ。競争は必要です。世界的な競争の中で生き残るには、日本人だけがのほほんとしていて良い筈がありません。ただ、平和あっての経済であり、民主主義あっての自由主義だと思うだけです。

(法律関係)
 佐藤幸治(憲法)、松岡久和(民法)
 ⇒大学時代は、佐藤ゼミ、松岡ゼミでした。

(お仕事関係)
 末尾参照

(地理関係)
 広島、京都、関西、中国(China)、函館、富良野、ロサンゼルス

(京都関係)
 春の鴨川(正確には高野川)の桜、初夏の大徳寺高桐院の竹、真夏の風物詩大文字の送り火、秋の真如堂の紅葉、冬の京大法経本館中庭に積もる雪、好きです。

(季節)
 秋、春、冬、夏の順かな。
 泳ぐ!という意味では夏の方が良いし、スキーココ何年も行ってないけど、景色が美しいのは冬だし。秋と春は、紅葉と桜があるから。

(芸能関係)
 菅野美穂、田中麗奈、仲間由紀恵、堀北真希、ミムラ、尾崎豊。
 尾崎の「僕が僕であるために」は、まさに俺のマイソング。

(女関係)
 基本的に、勉強ができるとか、仕事ができるとか、そういうんじゃなくて、自分がある人、できる人。
 なんかすげーと思うところがあって、尊敬できて、自分も高まるし、相手も自分のお陰?で高まってくれる、そういう風な関係になれる人。

 ↑だいぶ昔にこう書いたけど、でも実際の結婚相手がそうかと言われると・・・どうだろう??

(その他趣味関係)
 写真、旅行、読書(最近、宮部みゆきにはまってる)、映画

4 弁護士としての経験・関心のある法律分野について
<倒産事件関係>
 法人民事再生事件申立代理人  アパレル業界、製造業、印刷業、広告業においてそれぞれ経験がある。
 法人会社更生事件管財人代理  経験がある。
 法人破産管財事件常置代理人  旅行業界等において経験がある。
 法人特別清算事件清算人代理人 製造業、金融業など数社において経験がある。
 法人その他          金融整理管財人の代理業務の経験がある。
                再建手続における「スポンサー側」としての指導経験がある。
 法人破産申立代理人      各種経験がある。
 個人民事再生・破産申立代理人 各種経験がある。
 消費者金融やヤミ金との交渉  各種経験がある(過払返還の訴訟や交渉も含む)

 なお、2005年夏〜2006年春にかけて留学したUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)においては、Klee教授のもとて、米国倒産法を研究し、「知的財産ライセンス契約における倒産時双方未履行双務契約処理の日米比較」というタイトル(日本語では分かりづらいですが、そんな感じ)で論文を書いた(論文は英文)。

<ネット関係>
 情報ネットワーク法学会 会員

 プロバイダ責任法に基づく発信者情報開示請求訴訟を提起したことがある。
 2ちゃんねると訴訟したことがある(色々大変)。
 人格権・著作権に基づく送信禁止(ネット公開禁止)仮処分申立を行ったことがある。
 ドメイン紛争に関する各種交渉を行ったことがある。
 ドメイン紛争に関する裁定申立に関与したことがある。
 ※ちなみにネットに関する紛争は、特に積極的に受任しています。もし悩むことがあれば一度ご相談を

<知的財産権関係>
 知的財産法の権威の1人である弁護士山上和則のもとで、数々の知的財産権に関する訴訟・交渉等を経験してきた。

 なお、訴訟においては、特許権侵害訴訟、実用新案権侵害訴訟、商標権侵害訴訟、著作権侵害訴訟のいずれも経験している。

 また、2005年夏〜2006年春にかけて留学したUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)においては、Natanel教授のもとで、国際知的財産法の研究を行った。

 また、知的財産法からは、若干離れるが、個人情報保護法については、各種の指導・講演を行ってきた。2006年には、(一応)個人情報保護士なる資格も取得した。

<その他>
 以上の3つの専門分野以外に、取り扱った分野としては、多い順に、会社法関係(圧倒的に)、労働法関係(結構)、相続関係(結構)、離婚、賃貸借、刑事事件など。

<弁護士会関係>
 大阪弁護士会 法曹養成・法科大学院協力センター 委員など
 ↑主に日本のロースクールの運営に関するお手伝いの雑用をやっています。

<著書>
 『管財実務のための新会社更生の理論・実務と書式』2004年、民事法研究会(共著)
 『一問一答破産法大改正の実務』2004年、経済法令研究会(共著)
 『新破産法の理論・実務と書式』2005年、民事法研究会(共著)
 『Q&A物流業務トラブル解決の手引き』2005年、新日本法規(共著)
 『一問一答改正特別清算の実務』2006年、経済法令研究会(共著)

5 嫌いなもの・こと
たばこ、巨人、中日、納豆、ブッシュ大統領(どんどん嫌いになる。環境政策、安保政策ともに「新保守主義」だが、古い気がする)、盗聴法(通信傍受法)、痴漢等エロ系犯罪(絶対に許せない!!、そんなことする暇があったら真正面から口説け!俺みたいなモテナイ君でもそうして頑張ってるんやから!!)

6 こんな弁護士でありたい!
  1.  志を忘れない弁護士になりたい!
     いつまでも情熱的に、楽しく仕事をしたい!

  2.  新しい、別の志を支えることのできる弁護士でありたい。
     例えばベンチャービジネスで頑張ろうとか、同じ若いヤツとかが、頑張ろうとしてる時に、その頑張るヤツと違う視点から、力になれる存在でありたい。

  3.  せっかく理系に親和性があるんやから、電子商取引とかや知的財産関係の仕事も頑張りたい。インターネットローヤーとは呼ばれたい。

  4.  いつか、支店という形で、弁護士過疎の問題に答えたい。
     いきなり1人の弁護士が地縁血縁ない地に飛ぶのは難しいかもしれないが、支店という形で、2〜5年修行ならええんちゃうやろか?そういうのをいつか実現してみたい。

  5.  俺を利用してくれて良かったと、思ってもらいたい。1人でも多くの人を幸せにできる弁護士になりたい。

  6.  弁護士とは直接関係ないけど、将来、ロースクール等への奨学金の創設等、後輩が法曹になりやすい環境整備を手伝えるといいな、と思ってる。

  7.  政治や文化の変動にも敏感である弁護士になりたい。弁護士バカにはなりたくない。

  8.  カリフォルニア州に留学できた経験を生かして、何らかの形で「太平洋の架け橋」になれると良いなあ、と思っています。

(c)Fujimoto University Send E-mail to GICHI!
Submit your opinion!
藤本大学正門