★半歌仙 「フランスの空」の巻 6/11-7/21 褄黄の想い 鬼楽の想い 胡朱の想い

                     LIVE連句日誌         web連句98年6月11日「首

初折
1   夏          夏兆すアルゼンチンを敵として                    褄黄 6/11
2   夏                 青草かなし阪神巨人                  褄黄 6/12
3   雑          まだら球蹴り蹴り蹴って天空に                    褄黄 6/13
4   雑                 見よ場外の空の高みを                 胡朱 6/14
5   秋・月        流星墜つ月に刺したる金の筋                     褄黄 6/15
6   秋                 数珠玉ひかるひかると思えば              鬼楽 6/29 
7   秋          真昼のランプ生きて枯れゆくこぼれ萩                 褄黄 6/29
8   恋                 いない座席に頬擦る朝露                鬼楽 6/30
9   恋          うわずった声を思いて潤む水                     褄黄 6/30 
10 雑                 パティ・スミスの腕の長さよ              鬼楽 6/30 
11 雑          撮る瞳カエデの石鹸馬たちの                     褄黄 7/ 1
12 雑                 そうと告ぐべし生まれ変わりを             胡朱 7/ 3
13 冬・月        粉雪や清顕を手繰る月修寺                      鬼楽 7/ 3
14 冬                 冬菜の嘔吐朱塗りの椀に                褄黄 7/ 4
15 雑          鉛直に消える燕のフォルテッシモ                   胡朱 7/15
16 雑                 雨垂れのごとく残されており              鬼楽 7/15
17 春・花        花千丈腐土に危うく起つ日の本                    褄黄 7/16
18 春                 窓の外につづく鳩のベランダ                胡朱 7/21