■目次
・ホーム
■関連
・Susie
・渡辺裕朗氏
・Vector

Download DLL & SPI

圧縮解凍、画像プラグインソフトのダウンロード方法

HQシリーズの圧縮・解凍外部dllまたは画像spiソフトのインストール方法です。
以下はメニューの「更新情報」から来た場合の説明です。

最初のセットアップ時の注意事項
  ZIPの圧縮・解凍、LZHの解凍機能は内蔵されていますが、外部DLLの方が
  速度が速く、また圧縮の場合は圧縮率が1〜2割以上高くなります。
  既に UNLHA32.DLL、UNZIP32.DLL、ZIP32.DLL がシステムフォルダに
  ある場合は、以下の1.(1)〜1.(3)は不要です。

  また本プログラムには、JPEG、GIF、TIFF、PNG、WMF 等の画像を表示する
  機能が内蔵されていますが、それぞれの一部の拡張フォーマットおよび
  PICなどのそれ以外のフォーマットには対応していません。
  HQView.exe(なんテキ)の場合は、拡張子に対応したプラグインソフトを
  以下2.の手順でダウンロードすれば表示可能になります。

JPEGプラグインソフトのアップデートについて
  色差形式のJPEGファイルについて、従来は本体側で対応していましたが、
  JPEGプラグインソフトの最新版が色差形式に対応しましたので、本プログラムの
  Ver3.00b 以降は、最新版のプラグインソフトの使用を前提に、本体側の対応を
  外しています。以前のプラグインソフトを使用している場合は、最新版のダウン
  ロードが必要です。


1.圧縮解凍DLLソフトのダウンロード

 以下の手順で UNZIP32.DLL, ZIP32.DLL(圧縮ファイル)を
 ダウンロードします。

 (1)下記の項目をクリック、unzip542.exe を選択実行、展開先のアドレスは
    任意のフォルダを入力し「OK」を押す。
    ・・・ UNZIP32.DLL が 展開先アドレスのフォルダ UNZIP32 にロードされる
     ので Windows\system32 又は 本プログラムのフォルダ にコピーする。

     UNZIP32.DLLダウンロード

 (2)下記の項目をクリック、「保存」を押し任意のアドレスに保存する。
    ・・・ ZIP32.DLLを含む zip232dn.zip が 指定したアドレスにロードされる。
     あとで3.の手順により解凍する。

     ZIP232dN.ZIPダウンロード

 (3)下記の項目をクリック、unlh3300.exe を実行する。
    ・・・ UNLHA32.DLL が WindowsのSystem32にロードされる。

     UNLHA32.DLLダウンロード

2.画像プラグインソフトのダウンロード

 以下の手順で各ソフトの圧縮ファイルをダウンロードします。

 (1)下記の各々のアドレスをクリック、「保存」を選択する。アドレスは本プログラムの
    あるフォルダを指定する。・・・ 各プラグインソフトの圧縮ファイルがロードされる。

    ifjpg033.lzhダウンロード  ・・・・Susieホームページ(jpg)
    ifTIF044.lzhダウンロード  ・・・・渡辺裕朗氏ホームページ(tif)
    ifPNG050.lzhダウンロード  ・・・・渡辺裕朗氏ホームページ(png)
    Spi32008.lzhダウンロード  ・・・・Susieホームページ(gifほか)


3.圧縮ソフトの解凍と移動

 ロードした圧縮ファイルを解凍し、本プログラムがあるフォルダに移動します。

 (1)Web表示の場合は、ツールバーの「インターネット」(地球のマーク)をクリック
    して Web表示を終了させる。 → 上段にファイルリストが表示される。
 (2)左右のファイルリストを、両方とも本プログラムがあるフォルダにする。
 (3)左のリスト内のダウンロードした各圧縮ファイルを、ダブルクリックして解凍する。
 (4)解凍した ZIP32.DLL を、右のフォルダに移動する。
 (5)HQView.exe(なんテキ)の場合は、同じく解凍した ifjpg.spiなどのSPIファイルを
    右のフォルダに移動する。
  注)Spi32008.lzh を解凍すると、多数のファイルが現れますが ifgif.spi 等の
    必要なファイルだけを右のフォルダに移動します。
    (ifjpg.spi、iftif.spi は ifjpg033.lzh、ifTIF044.lzh の方を使用します)

以上で必要なソフトのダウンロードを終了します。


. .