1-
不明種(黄金色のセミタケ)
Cordyceps sp.

キアシオオゼミタケ(シロマキセミタケ)Cordyceps cicadaeの黄色型?
写真の個体は1997年8月中旬に採集したもの。子実体に空いた穴はキノコバエの蛹が入っていた。

こん棒型。地中にある大型のセミ(京都ではミンミンゼミ)の幼虫の頭部から発生する。子実体はこん棒状。地上部の高さ 4〜8cm。明るい黄橙色。寄主は白い菌糸に被われる。7月下旬から8月中旬にかけて寺社等の地上に発生する。シロマキセミタケ(キアシオオゼミタケ)cordyceps cicadaeに混じって発生することが多い。1993年の8月中旬に京都市西京区の二神社で約20個体の発生が見られた。以後、そのうちの一神社では、ほぼ毎年数個体が発生している。他に明石市からも目撃の情報がある。顕微鏡的特徴はシロマキセミタケとほぼ一致し、同種の黄色型と思われる。


2007年7月 京都市 Jul. 1997. Nagaokakyo

子嚢胞子 ascospore

標本箱1・・前のページ・・次のページ