ツクツクボウシタケ Tukutukuboushitake
Isaria cicadae Miquel, Bull. Sci. phys. nat. neerl. 1838, 86, 1838.
Synonym;
Paecilomyces cicadae (Miquel) Samson, Stud. Mycol. 6: 52.1974.
Isaria sinclairii (Berkeley) Lloyd, Mycol. Writings7: 1179, 1923.
etc.
.
Ascomycota / Pezizomycotina / Sordariomycetes / Hypocreomycetidae / Hypocreales / Cordycipitaceae / anamorph of Cordyceps
Teleomorph; ツクツクボウシセミタケ Cordyceps kobayasii Koval

2004年8月23日 京都市西京区 (写真の寄主はアブラゼミ) Aug. 2004. Kyoto.
夏から秋、 林内地上に発生する。セミ(ツクツクボウシなど)の幼虫の頭部から1〜数本の不規則な円柱状の柄を出し、頂部に瘤状の分生子塊をつける。柄は淡黄褐色で地上部の長さ2〜3cm、径2〜3mm。全国的に普通種とされるが、京都西部では稀。
 

2004年8月23日 京都市西京区 Aug. 2004. Kyoto.

2004年8月23日 京都市西京区 Aug. 2004. Kyoto.

分生子形成細胞 phialide

分生子 conidia
●参考文献 References (2), (3), (4), (5), (6), (8), (9),

標本箱1・・前のページ・・次のページ