平成27年度 竹の情報発表会









平成27年度竹の情報発表会は、平成27年6月12日、 リーガロイヤルホテル京都において開催されました。
本発表会では、本会渡邊政俊専門員が司会を担当し、まず福田博之事務局長の開会の挨拶により開幕。
本年度は幸福好忠氏、柴田昌三氏、下村 輝氏及び竹内冨久子氏が相次いで登壇し、発表されました。
ここに発表者と演題のみご紹介します。


「竹の情報発表会」の会場風景

国際棒体操連盟代表 幸福好忠氏
演題:竹を使った棒体操」
従来の組体操とは違い、幸福氏自らが考案された竹を使った集団演技体操を紹介され、 これを全国のみならず世界の学校教育界に広めたいとの思いを、動画で示しながら発表された。


ご講演の幸福好忠氏

京都大学大学院教授 柴田昌三氏
演題:世界の竹
ご自身が撮られた珍しい世界の竹の写真をスライドで分かり易く説明され、 一般には決して見ることの出来ない珍しい竹や竹のある風景等をスライドで紹介された。


ご講演の柴田昌三氏

日本竹筬技術保存研究会会長 下村 輝氏氏
演題:竹筬と竹材確保問題
現在ではほとんど作られない織物の織目を整えるために使う竹筬(たけおさ)の作成に挑戦しておられる様子の紹介とともに、 その原料となる竹材の確保が大変難しい状況にあることを問題視さる発表であった。 


ご講演の下村 輝氏

インテリアプランナー 武内冨久子氏
演題:竹と暮らそう−情報社会に発信−
インテリアプラン、インテリアデザインのご専門をベースに、竹を生活の中にいかに上手く取り入れ、 いかにして精神的に豊かな暮らしを創造するかについて様々なご提案をされる内容の発表であった。


ご講演のM田 甫氏