活 動

竹一株植えつけ運動

竹一株植えつけ運動は、本会の活動でもっとも重要な活動の一つで、その目的は一人でも多くの子ども達に竹を愛し、竹を見直し、 そして竹を活用することの大切さを生きた竹の観察を通して認識してもらおうとするもので、 小学校や中学校などへ生きた竹を植竹寄贈するという活動です。
この活動は、宝酒造株式会社(京都府)の全面的なご支援のもとに全国的に展開しているもので、 学校教育関係方面から高く評価されている竹文化振興協会のもっとも重要な活動の一つです。

会誌 竹

竹文化振興協会の機関誌として、会誌 「竹」(B5版、32頁)を年4回発行し、すべての会員へ配布しています。 会誌「竹」は、各号とも32ページで編集され、その内容は他に類を見ない機関誌と自負しています。 一度手にされますと、毎号の発刊が待ち遠しいと好評を頂いています。

研究誌 Bamboo Journal

研究誌 Bamboo Journal (B5版、120頁前後)は、年1回発行され、竹に関係する論文や情報、資料などで構成されている学術誌です。 本誌は、会員だけでなく、国内・国外の研究機関や大学等へも送付されており、国際的な評価も高まっています。

情報発表会

毎年、定期的に開催している活動で、現在のところ、総会開催時に実施しています。 毎回、数名の方々に新しい話題を発表していただき、その内容は会誌で公表されており、竹関係者に新しい息吹を与える活動になっています。

竹と遊ぼう

毎年開催される京都府主催「地球温暖化防止月間記念行事」の「京都環境フェステバル」会場において、 「京都竹青会」のご協力をいただき、体験教室「竹と遊ぼう」コーナーを設置しています。

広報活動

新聞、テレビ、ラジオなどに出演したり、情報を提供したりしながら本会の活動をPRし、 これによって近年、本会の存在がようやく社会的にも認知されるようになってきました。

国際活動

竹文化振興協会は国際竹協会(International Bamboo Association: IBA)のメンバーとして、 国際的に開催される竹関係の学会やイベントに参加・支援したり、海外からの来訪者等と交流しています。

協賛・後援活動

関連団体が全国各地で開催するイベントや活動に協賛、あるいは後援し、 広く我が国における竹産業の発展や竹文化の高揚に協力しています。