大津街道(旧東海道)



 江戸時代西国の諸大名は参勤交代のおり、洛中(京都市内)を通るのをさけて大津から伏見へと抜けるルートを選びました。大津を出て逢坂山を越えたところ、追分で洛中への道から南に分かれ、さらに山科の小野から西進し深草を経て伏見に達しました。これが大津街道と呼ばれる道で旧東海道にあたります。江戸からの東海道は京都・三条大橋が終点とされますが、さらに大坂までの道も公式に東海道とされていました。
 深草大亀谷付近には今もそのたたずまいが見られます。



 

(上)旧大亀谷村の中心地、東久宝寺町付近



(下)地図に見る深草付近の大津街道とその周辺(明治45年測図2万分の1地形図)
大津街道(赤)に沿って(旧)東海道本線が走る。左上は稲荷駅印は大石内蔵助の閑居跡で、足繁く通ったという橦木町遊郭〕は伏見市街の北はずれにある。

             
   至る 京都駅

トップページへ戻る