六角堂

(ろっかくどう)

京都の中心部にある由緒あるお寺です。何と言ってもちょいと寄れる雰囲気です。特に市の中心部に宿泊している人は散歩がてら訪問してはいかがでしょうか。

 

六角堂の門

 

六角堂の境内
六角堂の内部
へそ石

「桓武天皇の延暦12年(793年)京都に遷都の時、六角堂の所在が道路の中央に当たったので天皇が遷座を祈願されたところお堂がにわかに5丈ばかり北へ退かれたという。この石はその際に取り残された礎石であると伝える。また京都のほぼ中心部に当たるところからへそ石と呼ばれる。」(説明から抜粋)

白鳥

「聖徳太子沐浴の古跡」の池にいる白鳥

華道の池坊

「いけ花発祥の地」らしいです。

親鸞上人の像

「親鸞上人は毎夜、比叡山から当寺本堂に百日参籠された。その95日目の晩の夢で、当寺御本尊より「法然の許へ行け」との示現をえた。……」(説明書から抜粋)

一言願い地蔵

欲張らずに一つだけ願い事してくださいね

隣のビルから見た六角堂

上から見るとなるほど六角ですね。

このサイトのいかなる部分についても、書面による事前の同意なしに、電気、機械、複写、録音、その他いかなる形式や手段によってもコピーや転載を禁じます。このサイトの内容にマチガイや不正確な記述があってもわたくし、シグはその責任をいっさい負いません。

このホームページの著作権はシグに帰属します

Copyright (c) 2000 シグ