羽ばたき関連の文献


English Page is here .
手に入れにくい論文も多数。このページの作者も一部しか持っていません。(当然、読んだものはさらに少数です)

間違いや、ここにない文献などの情報をこのページの作者まで是非お寄せください。

人力飛行機の論文リスト日本大学航空研究会のページの中にあります


【人力羽ばたき飛行機について】


K. Kawai, (M. Harada)., Man as a Locomotive Engine., Proc. 1994 International Human-Powered Flight Symposium, pp.6-1 - 6-4, 1994
漕運動の生理学的特性を測定し、人力羽ばたきへの応用を論じている。

(M. Harada), K. Kawai., Estimation of the Required Power in a Man Powered Ornithopter., Proc. 1994 International Human-Powered Flight Symposium, pp.7-1 - 7-4, 1994
運動量理論から飛行に必要なエネルギーを推算し、固定翼と羽ばたき翼との長さの比による特性の変化について考察している。 拡張された理論はこちら(←制作予定)

上の2編は実際には原田正志氏との共著であるが、諸々の事情で河合の単著として発表されてしまった。
#公式には河合に著作権があることになってるから、私がここでこんなことを書いても問題ないはずですよね。

Beranek, L., Der Schwingenflug, eine Technische Realitat., Deutsche Flugtechnik, Bd. 1, 1959
Vogelによる人力羽ばたき飛行機のカタパルト飛行
(この文献は日本の公的機関にはありません。情報をこのページの作者まで。)

*Lippisch, A.M., Man Powered Flight in 1929., Journal of the Royal Aeronautical Society, vol.64, July 1960, pp.395-398
彼らの人力羽ばたき機の構造についてのテクニカルレポート カタパルトによる飛行の記録(飛行距離は250-300mぐらい)。 写真日本大学航空研究会のページの中にあります

*Man-powered Aircraft A-Coming., Science and Mechanics, April 1960, pp.106-108
Hartmannによる人力羽ばたき飛行機のカタパルト飛行

*Wilkie D.R., The Work Output of Animals: flight by birds and by manpower., Nature, vol.183, 1959, pp.1515-1516
体重と出力可能なパワーの関係と体重と飛行に必要なパワーの関係より 人力飛行の可能性を論じる

*東昭、模型航空機と凧の科学, 電波実験社,1992, ISBN4-924518-32-8, pp.154-156
動物の体重と羽ばたきき周期の関係より人力羽ばたきの場合の周期は1Hz以下 羽ばたき翼の慣性エネルギーをバネの弾性エネルギーなどに変換すべき

【羽ばたき飛行機】

ここで鳥の羽ばたきについてはできるだけ除外し、 飛行機につながる飛行理論はいれるようにした。

Albano, E., Rodden, W.P., A Doublet-Lattice Method for Calculating Lift Distributions on Oscillating Surfaces in Subsonic Flows., AIAA Journal, vol. 7, 1969, p.2192
振動する翼についての計算手法

*Bennet, A.G., Jr., A Preliminary Study of Ornithopter Aerodynamics University Microfilms, Ann Arbor, Michigan, USA Order No. 70-20922, 1970
高アスペクト比翼の微小運動に対する揚力とモーメントを得る非定常Reissnerの方法を 拡張し、非定常の推力も算出している。様々な条件における羽ばたき翼の特性に関する 膨大な計算。

Betteridge, D.S. and Archer, R.D., A Study of the Mechanics of Flapping Wings, Aeronaut Q., 1974, pp.129-142
Lifting-Line理論の最終形、羽ばたき翼の最大性能の可能性について

Blackwell, J. and Archer, R.D., Performance Characteristics of Simple Flapping Motion with Application to the Cruising Flight of Birds., University of New Wouth Wales Report, 1985/FMT/1, ISSN 0156 3068
Root-flapping翼の打ち上げ時と打ち下げ時の違う羽ばたき(sawtooth motion) についての非定常の後流のモデルの提出

Brooks, A.N., MacCready P.B., Lissaman, P.B.S. and Morgan, W.R., Development of a Wing-Flapping Flying Replica of the Largest Pterosaur, AIAA Paper 85-1446, 1985
ワシントンDCのSpace Museumの依頼によってつくられたPterosaurの羽ばたき ロボットについて

*Dahlin, K., A Quest for Flapping Wings., University of Toronto Magazine, Summer1989, pp.12-13
DeLaurierとHarrisの模型羽ばたき飛行機の紹介

*DeLaurier, J.D. and Harris, J. M., Experimental Study of Oscillating-Wing Propulsion., AIAA Paper 82-4107, May 1982
羽ばたき周期、ヒービングとフェザリングの位相差と推力の関係の実測

DeLaurier, J.D., Drag of Wings with Cambered Aerofoils and Partial Leading-Edge Suction., J Aircr., vol.20, October 1983, pp.145-164

DeLaurier, J.D., An Experimental Study of Low-Speed Single-Surface Airfoils with Faired Leading Edges: In Low Reynolds Number Aerodynamics., Proceedings of the Conference, Norte Dame, Indiana, Springer-Verlag, Berlin, 1989, pp.161-173
illustration of DeLaurie's ornithopter

*DeLaurier J.D., An Experimental Study of Low-Speed Single-Surface Airfoils with Faired Leading Edges., Lecuture Notes in Engineering 54, Ed. Brebbia and Orszag, Springer-Verlag, 1989
薄翼の性能測定、羽ばたき翼への適応を考慮。多分上のと同じものです

*DeLaurier J. and Winfield, J., Simple Marching-Vortex Model for Two-Dimensional Unsteady Aerodynamics., Journal of Aircraft, vol.27. 1990 pp.376-378
非定常運動する2次元翼の揚力、推力、ピッチングモーメントを 簡単に計算するモデル

*DeLaurier, J.D., An Aerodynamic Model for Flapping-Wing Flight Aeronautical Journal, 1993, pp.125-130
strip理論を用い、羽ばたき翼の非定常特性に対するモデルを発展させた。 定常飛行時の平均揚力、推力、必要馬力、推進効率を算出できる。 例としてロボットプテロザウルスの性能を評価した。

DeLaurier, J.D., The Development of an Efficient Ornithopter Wing., Aeronaut J., 1993, vol.97 pp,153-162

Dwiggins, D., Flapping Wings... Spence's Secret Life., Sport Av, August 1977, pp.19-22
Percival Spencerのエンジン動力羽ばたき模型飛行機について

Fairgrieve, J.D. and Delauried, J.D., Propulsive Performance of Two-Dimensional Thin Airfoils Undergoing Large-Amplitude Pitch and Plunge Oscillations, UTIAS Technical Note No.226, 1982
あるいは
Univ. of Toronto, Inst. for Aerospace Studies, Toronto, Canada, TN 226, July

Garrick, I.E., Propulsion of a Flapping and Oscillating Aerofoil, NACA Report No. 567, 1936
テオドルセン関数の非定常運動する2次元翼の非定常推力の計算への拡張

Garrick. I,E,. Nonsteady Wing Characteristics., Aerodynamic Components of Aircraft at High Speeds, edited by A.F. Donovan and H.R. Lawrence, Princeton University, Princeton, NJ, 1957, Sectopm F. pp.694-706

Gibbs-Smith, C.H., The Eighteen Seventies and Eighties, A History of Flying, B.T. Batsford, London, 1953, pp.172
Alphense Penaudの考えたゴム動力羽ばたき模型飛行機について

Herzog, K., Demonstration des Tierfluges an Hand von Vogelmodellen und Schwingenflugapparten, Anatomie und Flugbiologie der Vogel, Vustav Fischer Verlag, Stuttgart, 1968, pp.136-169
Holstのゴム動力羽ばたき模型飛行機について

Holst, E. von and Kuchemann, E., Biological and Aerodynamical Problems of Animal Flight, Royal Aero. Soc. J., vol. 46
最初期の流体力学的羽ばたき翼モデル(有限翼長定常)

Jones, R.T., The Unsteady Lift of a Wing of finite Aspect Ratio., NACA Report No.681. 1940

Jones, R.T., Wing Flapping with Minimum Energy, NASA TM 81174, 1980

Kuchemann, E. and Holst, E. von, Aerodynamics of Animal Flight, Luftwissen, vol.8, 1941, pp.277-282,
Translated by L.J. Baker for the Ministry of Aircraft Production, R.T.P. Translation No. 1672
最初期の流体力学的羽ばたき翼モデル(有限翼長定常)

Kuethe, A.M. and Chow, C-Y., The Finite Wing., Foundations of Aerodynamics, 4th ed, John Wiley, New York, 1986, pp.145-164

Liberatore, Special Types of Rotary Wing Aircraft, vol. II,

Rotary Wing Aircraft Handbooks and History, 54 WCLST-148, OTS, U.S. Department of Commerce.

Lighthill, Sir J., Some Challenging New Applications for Basic Mathematical Methods in the Mechanics of Fluids That Were Originally Pursued with Aeronautical Aims., Aeronaut J., 1990, vol.91 pp.41-52
打ち上げ時にも揚力が発生しうることを議論。

Lilienthal, O., Bird Flight as the Basis of Aviation., Longmans, Green, and Co., 1911
リリエンタールの歴史的な論文
復刻されて、日本で入手できるはずなのですが。。。詳細不明。

Norberg, U.M., Evolution of Vertebrate Flight; An Aerodynamic Model for the Transition from Gliding to Active Flight, Am. Naturalist, vol.126,1985, pp,303-327
root-flapping翼モデル, 揚力曲線の勾配が一定としている。

Philps, P.J., East, R.A. and POratt, N.H., An Unsteady Liftin-Line Theory of Flapping Wings with Application to the Forward Flight of Birds., Journal of Fluid Mechanics, 1981, vol.112. pp.97-125
Root-flapping no twisting rigid wing翼についての非定常の後流のモデルの提出

Rayner, J.M., A Vortex Theory of Animal Flight. Part 2. The Forward Flight of Birds., Journal of Fluid Mechanics, 1979, vol.91, pp.731-763
打ち上げ時と打ち上げ時にspanが変化することを仮定したモデル

Rayner J., Vertebrate Flapping Flight Mechanics and Aerodynamics, and the Evolution of Flight in Bats., Biona-Report 5, Vustav Fischer, Stuttgart, 1986, pp.27-74

Reissner, E., Effect of Finite Span on the Airload Distributions for Oscillating Wings with Finite Wing Span., NACA TN1194, 1947
非定常運動する有限長さの翼の空気力学的解析

Reissner, E. and Stevens, J.E., Effect of Finite Span on Airload Distributions for Oscillating Wings, II-Methods of Calculation and Examples of Application, NACA TN1195, 1947
非定常運動する有限長さの翼の空気力学的解析

Scherer, J.O., Experimental and Theoretical Investigation of Large Amplitude Oscillating Foil Propulsion Systems, Hydronautics, Laurel, Md, December 1968

Schoenky, P., Ornithopters, 1951-52 model Aeronautic Year Book, Zaic, F. (ed) Model Aeronautic Publications, New York, 1952, pp.188-190

Schmeidler, W., Dynamik des Schwingenfluges, Luftfahrtforschung, 1935, pp.128-133
Lifting-line理論を用いたroot-flapping翼の性能予測解析

Schmeidler, W., Flugzeuge mit Flugelantrieb, Luftfahrtforschung, 1936, pp.111-117
Lifting-line理論を用いたroot-flapping翼の性能予測解析

*Sugimoto, T., Optimum Design of Wings for Flapping., Trans. Japan Soc. Aero. Space Sci. vol.35, 1992, pp.250-253

Vasilev, G.S., Principles of Flight of Models with Flapping Wings., Gosudarstvaennoye Izdatel'stovo Oboronnoy Promoyshlennosti, Moscow, 1953, Translation Ad107173

Wagner, H., Dynamischer Auftrieb von Tragflugeln. Zeitschr. F. Angew. Math. U. Mech., Bd. 5., 1925
ヒービング、フェザリングによる仰角変化に対する揚力低下関数

Walker, G.T., The Flapping Flight of Birds, Royal Aero. Soc. J., vol. 29, 1927, pp590-594, vol. 31 pp.337-342
最初期のroot-flapping翼モデル span方向の各ポイントにおいて、打ち上げ時および打ち下ろし時の間揚力や抵抗が ある一定値をとっていると仮定。

Watkins, C.E., Woolston, D. S. and Cunningham, H.J., A Systematic Kernel Function Procedure for Determining Aerodynamic Forces on Oscillating or Steady Finite Wings at Subsonic Speeds., NASA TR R-48, 1959

Wells, W.R. and Queijo. M.J., Simplified Unsteady Aerodynamic Concepts, with Applications to Parameter Estimation, AIAA Paper 77-1124, Aug. 1977

東昭, 生物の運動に見られる非定常空気力学, 日本航空宇宙学会誌, vol. 29, 1981, pp.91-96
ヒービングとフェザリングの最適位相差について

*東昭、模型航空機と凧の科学, 電波実験社,1992, ISBN4-924518-32-8, pp.149-154
羽ばたき翼に働く空気力の基礎的解説 野中繁吉氏制作の模型羽ばたき飛行機3種類の写真

*東昭, 流体力学, 朝倉書店, 1993, ISBN4-254-23623-9, pp.114-120
非定常翼について、ヒービング運動、フェザリング運動、吐出渦、ワグナ関数、 キスナ関数、テオドルセン関数、シアーズ関数、ヒービングとフェザリングの最 適位相差について解説

佐藤真智子, 生物の飛行に見られる翼運動の解析, 東京大学工学部博士論文, 1980
ヒービングとフェザリングの最適位相差について

*清水幸丸、前田太佳夫、細川直史, 空気圧駆動による鳥ロボットのハバタキに関 する研究 (第2報、ピッチ角の変化に伴う空力力の変動) 日本機会学会流体工学部門講演会講演論文集 No.940-53, 1994, pp.97-98

清水幸丸、時村、前田太佳夫、細川直史, 空気圧駆動による鳥ロボットのハバタキ に関する研究
日本機会学会流体工学部門講演会講演論文集 No.930-49, 1993, pp.395-397

砂田茂、東昭, 羽ばたき三角翼より発生する渦の可視化 第16回流れの可視化シンポジウム, 流れの可視化, vol.8, 1988, pp.335-338


人力羽ばたき飛行機のホームページ
前のページ:リンク集