慈照寺(銀閣寺)の庭


 慈照寺(通称、銀閣寺) 
                     池泉回遊式
  室町時代中期

  足利義政(応仁の乱の張本人のうちの一人)が、営んだ山荘。延徳元年(1489年)完成。現在は、臨済宗相国寺派。
 ここは、国宝「銀閣」、そして、近代日本建築の原型ともいわれる四畳半の書斎のある、書院造り建築の「東求堂」、と建築物が有名ですが、ここの素晴らしい庭こそが、芸術ではないかと思います。規模は大きくありませんが、数多くある京都の庭の中でも私が一番好きな庭です。義政が好きだった西芳寺を模して造られました。

 この慈照寺では、まずそのアプローチである両側銀閣寺垣の通路で圧倒されます。写真では良く分からないんで申し訳ないんですが、この高さが優に4mはあると思われます。石垣と竹と緑のバランスの美しさはもちろんのこと、この緑が見事に美しく刈り込まれています。さぞや手入れが大変だろうと考えてしまいました。いや〜、本当にこの垣根はすごいです。一度ご覧になってください。

 有名な銀沙灘と向月台は、義政の頃には無く後から造られたものですが、これもボリューム感があります。この写真は、東求堂の前から撮ってるんですが、本当に水面の様に見えます。是非、この銀閣の上に満月が見える時に訪れたいものです。

 銀沙灘からぐるりと左手に目を向ければ、見事な石組みに囲まれた池があります。こじんまりとした、小さな池なのですが、何とも品がある少し取り澄ましたような情景が広がっています。
 西芳寺と比べると多分に人工的ですが、私は好きです。

 奥に進むと、これまた西芳寺風の自然の斜面に青々と苔が絨毯のように広がり、楓の木立の足下を覆っています。規模がこちらの方が小さいさいか、手入れが行き届いているように思います。

 もし可能ならば、平日の朝のうちに、ゆったりとした気持ちで訪れて下さい。

   
 銀沙灘と奥に向月台          銀閣寺垣

   
  銀閣寺型手水鉢

   


アクセス

住所 京都市左京区銀閣寺町2
交通 市バス 5番 11番 17番 203番 204番 「銀閣寺道」
       臨5番 32番 「銀閣寺前」
      (いずれも19969月現在)
tel.
 075-771-5725


HOME
京都の庭のページ