用語

末法思想

釈迦の入滅後、二千年を経過すると、一万年間は釈迦の教えだけが残り、悟りを得る者
はいなくなるとするのが末法思想であり、中国から伝えられた。平安時代後期は飢饉や
日照り、水害、地震、疫病の流行、僧兵の抗争が続き、貴族も民衆も危機感を募らせ、
末法の到来におびえた。末法の第一年は1052年(永承7年)に当たるとされ、末法の救
いを阿弥陀仏に求める浄土信仰が盛んになり、この年に関白・藤原頼道が宇治の平等院
に阿弥陀堂を建立した。
                                (imidas '96)

末法に入ると仏教が衰えるとする予言的思想で、その時期に生まれた仏教との反省を促
したもの。最澄に仮託される「末法灯明記」などによれば1052年(永承7年)に末法に
入るといわれ仏教界のみならず一般思想界にも深刻な影響を与えた。
                              (広辞苑 第三版)