無鄰菴の庭


  無鄰菴
                        池泉回遊式庭園
 
 明治時代

 「むりんあん」と読みます。山県有朋の別邸跡で、植治(うえじ)こと小川治兵衛の手によって明治27年(1894年)着工、明治29年(1896年)に完成しました。この時、京都の古い作庭法を嫌っていたらしい山県の影響を受け、学ぶことにより、小川治兵衛と言う人は近代を代表する造園家となったようです。当初小川治兵衛は、昔ながらの庭を作ろうとしたそうなんですが、山県自身が全体の構成はもちろんのこと、かなりの細部にわたって指示を出したそうです。山県は小川治兵衛を主屋一階の(残念ながら今は茶室として入れなくなっている)部屋に呼び、「正客になったつもりで床の前に座りよく庭を見るがよい」と言ったそうです。
 なるほど言われてみれば他の蓬莱山を中心とする仏教の世界観を表現した庭とは全く異なった印象を受けます。宗教の匂いが全くしないように思います。それまでの庭がどちらかというと中国の山水画の風景の様なのに対し、こちらは日本の田舎ののどかな田園風景のような気がします。はるか向こうにかすんで見える山並(東山の借景)からこの庭まで小川のせせらぎが田畑の間をうねりながら流れてきたかの様に私には見えます。とてもおおらかな奥行きのある、日本的な自然美に溢れているように思えます。
 この水の流れは、琵琶湖疎水の豊かな水を使うことにより可能になっているようで、小川治兵衛はこの庭の他にも南禅寺界隈に平安神宮神苑や政財界人の別邸の為の庭、露地を多く手がけています。
 この庭は山県有朋の考え方と琵琶湖疎水の豊富な水を、小川治兵衛が消化することにより生まれたといえ、小川治兵衛の他の庭にも山県の影響が多くみられるのかもしれません。
 今は京都市の管理下にあり、予算の都合からか残念ながら手入れが行き届いていないように見える(私だけでしょうか?)のが残念ですが、近代の新しい庭の姿を偲ぶことはできます。
 

 こちらではお薄(たまたま私が行ったときだけかもしれませんが、古く酸化してあまりおいしくなかった・・・)がいただけます。


アクセス

住所 京都市左京区南禅寺草川町
   (瓢亭の隣、動物園の疎水を隔てた南側)
交通 市バス 東6番 東9番 「蹴上(けあげ)」
   京阪京神線 「蹴上」
            (いずれも19969月現在)
tel.
 075-771-3909


HOME
京都の庭のページへ