桜     


 3月最後の週末、強い春の風の中、いつもの様に京都の街を歩きました。いつもと違
う香しい匂い。春の匂いがしていました。祇園新橋、そこでは既に響宴が始まっていま
した。25日に開花宣言がされたばかりの桜、その桜がもう乱舞していたのです。
 ここしばらくは、桜に関するお問い合わせメールをよく頂いています。そこで、私の
好きな桜の舞台をご紹介したいと思います。いつもの通り、あくまでも私の独断と偏見
による、私が個人的に好きな場所をご紹介しますので、お気に召さない場合もあろうか
とは思いますが、ご容赦下さい。一方、こんな素晴らしい桜があるよ!という情報は大
歓迎です。メールでご一報いただければ幸いです。
 毎年徐々に写真を撮って拡充していく予定ですので気長にお待ち下さいm(_ _)m

       1999328日春 吉田 一雄<kazuoy@mbox.kyoto-inet.or.jp>


位置関係概略図

散策しながら春狂いできるところ


 平安神宮神苑     ここの詳細は、「京都の庭」ページの「平安神宮神苑」でご
           紹介していますので、そちらをご参照下さい。京都の桜といえ
           ば紅枝垂。京都市の市花でもあります。この桜は、「旬の京都
           の中でも「紅枝垂」として紹介していますのでご参考にして
           ください。
            ここの桜は、川端康成の「古都」谷崎潤一郎の「細雪」
           もご紹介されており、私の拙い文章よりも、文豪達の文章をお
           読み頂く方が良いでしょう。私が実際にこの眼で見る以上に、
           これらの名作を読む時の方が、よりこの桜の素晴らしさを見る
           ことができます。
            ただし、この時期京都はどこもそうなのですが、週末などに
           なりますと、大混雑しています。可能であれば、平日の午前中
           にお越しになることをお薦めします。

 半木(なからぎ)の道  ここは、「京都を歩こう」「賀茂の河原と賀茂斉院コース
           の一部です。こちらで簡単な地図と共にご紹介しています。
            ここでは、紅枝垂と染井吉野の競演を見ることができます。
           さしずめ二人静といったところでしょうか。
            賀茂川をはさんで右()岸が紅枝垂、左(西)岸が染井吉野の
           並木となっています。私のお薦めは、どちらかというと、右岸
           の紅枝垂れのトンネルを潜りつつ、その流れ落ちる紅の向うに
           染井吉野の迸りをみることをお薦めします。紅枝垂の方が、よ
           り遠景より間近に見る方が美しいと思いますが故に。

            半木の道については、「旬の京都」「花色爛漫」でもご紹
           介していますのでご参照下さい。

           
                     1999411日快晴の半木の道

            また、この半木の道から南に続く、北大路通から葵橋までの
           賀茂川堤東岸は、見事な染井吉野の並木道です。土手の上の道
           は、大きく、そして低く張り出した桜の廂(ひさし)。頭を下げ
           て潜ります。穏やかな賀茂川の水辺、それらの風景と相まって
           春を謳歌させてくれます。
            このあたりの地図はこちらをご参照下さい。

           
                       199943日賀茂川堤

 疎水縁
  1.哲学の道     今、京都の生命線ともなっている琵琶湖疎水、この水辺は、
           何処も見事な染井吉野の桜並木となっています。その中でも、
           周囲に名刹を抱いて有名なのが哲学の道です。南禅寺、永観堂
           と慈照寺銀閣を結んでおり、間に法然院などもある欲張りなコ
           ースとなっています。もっとも、この季節はそれ故に多くの人
           が溢れています。(^ ^;
            とはいえ、水のせせらぎと染井吉野は、互いの美しさを引き
           立て合っており、やはり見事です。

  2.洛北疎水分流縁  哲学の道から続く疎水縁の道、次のお薦めは下鴨界隈、閑静
           な住宅街の中の染井吉野の並木です。この辺りは、人通りもま
           ばらで、周囲の立派なお屋敷街の静けさと相まって、しっとり
           とした空間となっています。水面すれすれにまで張り出した枝
           に豊かにたくわえられた華。その美しさに枝が重たげです。
            ここは、夏の終わりになると花に変わって幽かな光の乱舞を
           見ることができます。この季節、下鴨神社あたりから、この疎
           水縁を散策し、植物園の南から半らぎの道へ至るのも良いかも
           しれませんね。
            ここは少々分りづらいので、簡単な地図を作成しました。
           ご参考にして下さい。
            平成11(1999)43日には、はや満開でした。

             
            平成11(1999)43日洛北疎水縁 松ヶ崎浄水場の近く

  3.山科疎水縁    実は、この山科の疎水縁は、実際に私は訪れたことがありま
           せん。しかし、友人の話によると、なかなか見事で、且つ静か
           だそうです。

 鴨川縁        鴨川は、上述の半木の道の下流となります。言わずと知れた
           京都の心。その中心を流れる川です。五条辺りから三条にかけ
           ては昔からその東岸に桜の木が多く、幼い頃より私には親しみ
           のある桜でした。昔は疎水がこの辺りにも地上に顔を見せてお
           り、そういった意味では疎水縁の一部だったわけです。このた
           め、枝ぶりも見事な古木も多いのですが、近年、遊歩道が整備
           され、紅枝垂れや八重などの桜のみならず、丸太町界隈同様に
           雪柳やれんぎょうがそれらの古木や柳の合間を埋めるように植
           えられています。鴨川の清流を飾るこれらの花の道は、下にあ
           る祇園新橋にも通じる格好の散策路です。くどくどと書いてし
           まいましたが、この姿は「旬の京都」の内、「花の宴」でご紹
           介していますのでご確認下さい。
           まだ紅枝垂れなどは若木である故に少々不格好ですが、20年後
           の姿が楽しみです。      「200241日追加」

 宝ヶ池        国立京都国際会議場。その前面に横たわる池、宝ヶ池。この
           周囲は公園となっていまして、ここも至る所に桜の木が植えら
           れています。ボート遊びもでき、お子さん連れの方には丁度良
           いかもしれませんね。

 高瀬川縁       鴨川を平行して街の中心を流れる高瀬川。この高瀬川縁も、
           疎水縁同様、桜と柳の並木となっています。一部御池通りから
           四条までの間は、猥雑でとても情緒に溢れるとは言い難いので
           すが、それ以外の二条通りから御池通りの間や、四条通りから
           五条通りの間などは、森鴎外の「高瀬川」を思い出させる空間
           となっています。高瀬川縁は、かつて新撰組と維新の志士達が
           白刃を交えた場所、彼らを弔うかの様に桜が狂い咲きしていま
           す。

 大原野界隈      京都郊外、南西の山の麓に位置する大原野界隈は、下の写真
           のような見事な枝垂桜や山桜が、深き山々の緑に映える善峰寺
           や花の寺との異名を持つ勝持寺があります。またそれだけでは
           なく、大原野の至るところに見られる染井吉野や山桜は、周囲
           の情緒溢れる自然に調和し、心を潤してくれます。
           「旬の京都」「雨匂う」にもご紹介しています。

         
          上が善峰寺、下が勝持寺。それぞれ200444日の姿です。
                 

名木とスポットを楽しむところ

 円山公園枝垂桜    八坂神社奥の円山公園は、その公園内の至る所に染井吉野や
           枝垂桜が咲き乱れ、公園そのものが花の様です。そして、夜は
           篝火がともされ、京都有数の夜桜の名所となっています。が、
           それ故に、落ち着いて桜を愛でるという趣には欠けるところが
           あります。
            そんな中、周囲の喧噪から超絶している空間が、枝垂桜の巨
           木です。私にとって、この桜を見ずして季節を超えることはで
           きない、特別な、様々な思い入れのある木です。
            夜のライトアップ、凄艶という言葉が相応しい、魂を吸い取
           られるかのような美がそこにはあります。何かに憑かれてしま
           うような妖しいカリスマで呼び寄せられる様です。
            もう一つのお薦めは、早朝、朝靄の中です。東山より流れ降
           りる靄の中から出る枝垂桜は、まさに幽玄の美を厳かに現出せ
           しめています。夜桜の妖しさは何処へやら。厳しさの中に清清
           しさを感じさせます。いつも朝靄が出ているとは限りませんが
           、その幸運に巡り会えば、一生涯忘れ得ぬ心象風景となるので
           はないでしょうか。
            少々古い写真を使っていますが、昼間の枝垂桜を「旬の京都
           「円山」で紹介していますのでご参照下さい。
           簡単な地図を作成しましたので、こちらもご参照下さい。

 御車返しの桜     京都の北、京北町にある常照皇寺は、山里にひっそりと佇む
           北朝皇室ゆかりの寺です。この境内にある御車返し(みくるまが
           えし)の桜は、その名の通り、後水尾天皇が、そのあまりの美し
           さに車を返して見とれたという由緒正しい(?)桜です。
            円山公園の枝垂桜ほどの圧倒的な迫り繰る迫力は無いものの
           、どこか世俗を離れた気品の様なものを感じます。
            奥深い山里、永年の風雪を思わせる古木の荒れた幹、その疲
           れを洗い流すかの様に飾られる花の舞。心穏やかに拝みたいも
           のです。
            今年は、この桜を写真におさめるつもりですので、あまり期
           待しないで待っていて下さい(^ ^;

 祇園新橋       祇園新橋は、花街で有名な祇園の一角です。よくTVの撮影を
           やっている場所でもあります。普段でも情緒溢れるこの街は、
           春になると、そこに雅びが加わります。
            白川の川沿と石畳に挟まれて、新芽の吹いた柳の緑と紅枝垂
           、染井吉野の調和。その足下をユキヤナギの白が守っています
           。ある種、最も京都という偶像のイメージに合った場所かもし
           れません。柳と紅枝垂の簾の間からは、お茶屋さんが軒を連ね
           ています。昨年は、吉井勇の句碑の前で、舞妓によるお茶の接
           待をしていました。
            ここは、八坂神社、円山公園を訪れる際に通られると丁度良
           いと思います。
           場所については、概略地図をご参照下さい。

                        1999328日の「祇園新橋」

 京都御苑       広大な京都御苑にも、至る所に桜の名木があります。その中
           でも見事なのが、近衛邸跡横の枝垂桜。姉妹の様に二本寄り添
           っています。「古都」の千恵と苗子の様に。1999328
           、この枝垂桜は早くも満開でした。
            京都御苑内での位置などは、こちらの地図をご参照下さい。
            また、京都御苑は、「京都を歩こう」「典雅の記憶と松風
           コース」でご紹介していますので、ご参照下さい。

 龍安寺        鏡容池の向うに見える桜の淡い色合いは、はんなりとして古
          の風雅を感じさせます。また、石庭、油土塀の向うに見える枝垂
          れ桜は、無の境地をめざさんと座禅を組む者も、浮世に花狂いさ
          せる見事さです。


 とりあえず、こんなところでしょうか。一般的に、桜の開花順序は、染井吉野に始ま
り、重複して枝垂桜、そして紅枝垂で最高潮となります。そしてその余韻を楽しむかの
様に植物園などで八重桜が咲き、最後に御室桜で幕を閉じます。
 今年、1999年は例年より桜の開花が早かった様です。おそらく来週末、四月最初の
週末が見頃になるかもしれません。とはいえ、天候に左右される桜の開花。私には予測
不能です。桜の開花状況であれば、京都府観光連盟のページでかなり詳細に案内されて
いますので、そちらをご参照なさるのが良いと思います。

 一週間ほどの僅かの間、皆さん花の都を謳歌してください(^-^)

1999
328日作成
2004
44日更新


HOME