お鍾馗さん


 京都の町並みを歩いていると、玄関の上の庇に閻魔大王のような出で立ちの小振りな瓦人形をよく見かけます。探してみると以外とこれが多く、多種多様です。
 しかしこれは閻魔大王ではありません。京都では「お鍾馗(しょうき)さん」と呼んでいます。そういえば京都では人以外のものも「さん」づけで呼ぶことが多いです。「建仁寺」を「けんねんじさん」。「八坂神社」を「祇園さん」といったふうです。

 話がそれてしまいましたが、さてこの「お鍾馗さん」、ルーツは中国にあります。「鍾馗」というのは、唐の玄宗皇帝の夢に登場した伝説の人物だそうです。夢の中の鍾馗は、楊貴妃の宝を盗まんとする鬼を追っぱらったんだそうです。そして、病に伏していた皇帝が、この夢から覚めると全快していたんだそうです。京都では、この故事にならい、家にふりかかる邪気を打ち払う魔除けとされています。不動明王なみの恐い形相。これが邪気を打ち払う秘訣なのかもしれません。

                   


                       




こんなのもありました。
「恵比寿」さんと「大黒」さん
こちらは魔除けというよりは
商売繁盛を願っているのでしょうか?


HOME
京都の町並みのページ
町並み〜ディテールの美しさ編