旬の京都

2001728

「夏姿」




降り注ぐ眩いばかりの光
その光を一身に受ける桜の葉
3
ヶ月前
絢爛たる響宴を演じた枝々に
今 折り重なるように緑を貯え
来春への力を貯える

祇園新橋の石畳
涼やかな夏衣の女性に心惹かれます

 


HOME