旬の京都

1999717

「祇園さん」







7
16日の宵山
闇に浮かぶ駒形提灯

コンコンチキチン コンチキチン

祇園囃子の足下
蠢くばかりの人、人、人でした

ここしばらくは必ずと言って良い程、夕立に見舞われた宵山
今年は天気に恵まれました

浴衣姿の女性達
やっぱり祇園祭には浴衣が似合います
今年はとりわけ多かったように思います



17
日の巡行
青竹の上をきしりながら滑る長刀鉾
辻回しではお囃子のテンポも速くなります
力強さと品の良さを兼ね備えた祭


巡行の夜
祇園さんからは神輿がくり出します
ヨーイヤサッ ヨーイヤサッ
威勢の良い掛け声に
大きく揺れる金色の神輿
鳴り響く鈴の音

山鉾巡行が鉾町の祭なら
神輿は祇園さんの氏子達の祭

四条寺町の御旅所前では
担ぎ手達の三本締に
町衆達が大きな拍手で讃えていました

神輿を中心に
町衆が一つになった瞬間でした

写真は数年前のものです
今、「祇園さん」こと八坂神社は本殿が改修中です
御旅所とは、717日から24日までの間、神さんが止まる町中の社です
八坂神社とこの御旅所の間を、神さんは神輿に乗ってしはるのです
ですから717日を「神幸祭」、24日を「還幸祭」といいます
御旅所の前で写真を取りましたので、うまく写っていればこのページでご紹介します。
尚、祇園祭の情報は京都新聞のページが充実していますのでそちらをご参照下さい。


HOME