旬の京都

1999720

「桔梗」




先週末の山鉾巡行の活気と熱気、そして喧噪
夜という幕が開けると再び京都に静けさが戻っていました
そして静けさと共に、盆地独特の蒸し暑さも訪れました
強い日射しに肌にまとわりつくような空気
「住まいは夏を旨とすべし」
吉田兼好にもこの暑さがこたえたのでしょうか

そんな夏の或る一日
最後の力を振り絞るかのように
梅雨の雨が降りました

御所の東、廬山寺を訪れました
高い屋根
磨きこまれた板の間
のびやかで涼やかな空間がそこにはありました

源氏の庭
しとしとと降りしきる雨に
苔が鮮やかな緑で応えます
入り組んだ入り江に穏やかな白砂のさざ

こんもりとした丘のそこここに
清楚な紫の花
野草の様であり、決して気取ることなく
しかし自然に気品が溢れ出る桔梗の花

雨の歓びに背筋を伸ばす麗人

しばし彼女と共に読書を楽しみました


入道雲が見えてきました
間もなく盛夏です

 

廬山寺「源氏の庭」は撮影禁止です。
京都の桔梗の美しいのは、廬山寺の他に「金福寺」
梅雨が明け、日射しが強くなればなるほど桔梗は弱ってきます。
6
月下旬から7月下旬迄が見頃でしょう。


HOME