旬の京都

2000920


「風韻」



木々に囲まれし領域に空気が動く
張りつめたものが霧散するかのような
そんな少し物憂げな午後
天に向かう黄金色の穂

揺れるすすきに夜の月を感じる
目を閉じれば虫の音が聞こえる

過ぎ去りし嵐の後の名月
後の月への期待も高まる美しき半月が
東山を浮かび上がらせていました

空に心奪われる季節です

 


HOME