旬の京都

1999915

「ゆきあいの空」







入道雲とすじ雲が同居するような
季節が移ろう空模様
そんな空を「ゆきあいの空」と呼ぶそうです

そう知人に教えられたのが8月下旬のことでした
忙しき毎日は
見上げれば空があることさえ忘れさせ
いつしか季節は秋となっていました

そんな私に
この素敵な言葉を思い出させたのは
9
17日の入道雲でした

日中は真夏日が残る暑い毎日
朝夕の風のみが秋を伝えていました
そんな残暑の最終章を飾るかのような
どこまでも天高く
青き天蓋に伸びやかに立ち上る巨大な白き雲でした

幻の如きその姿に晴々としたのもつかの間
夕方には秋の空がありました

間もなく中秋の名月
麗しき月は
暑さに終止符を打ってくれるのでしょうか

萩の花が風にそよいでいます


 

写真は、既に入道雲が幻の如く消え去ったまぎれもない秋の空
間もなく赤トンボも見られるでしょう


HOME