旬の京都

19991017


「秋風」


忘れかけていた季節の移ろい
突然、涼やかで優しい風が通り過ぎます
静謐な禅寺の境内
初々しいすすきの穂がゆれています

寂しげで
それでいて生命力を感じさせます

ゆったりと雄曝たる時の流れ
心に秋が溢れはじめました

西日が美しい一日でした







 


HOME