旬の京都

20011111


「銀杏黄葉」

(いちょうもみじ)





立冬を過ぎ
ひたひたと寒気がしのびよります
しかし
今日はまさに秋晴れ
目も覚めるような清々しい青空の下
彩づきはじめた山々が
その柔和なからだを横たえています

刷毛ではいたような清冽な雲の白に誘われ
さわやかな風の色に足を踏み入れました
目指すは
太古の京の原風景 糺の森です

どこか優しい秋の光を受けた糺の森は
同じく優しさに満ちた精気で私を包んでくれます

この聖域に抱かれた下鴨神社では
七五三のお参りに来た親子が
晴れやかな笑顔を見せていました
晴れ着におめかしをした女の子
どこか得意げで輝いていました

清らかな境内では
社殿の朱が輝いていました

そして
周囲をさらに光で包むのは
黄金色に輝く銀杏の照り葉でした

様々な異なる光の調和
いつのまにか私の心も光に満ちていました





満ち足りた心で歩みも軽やかに
御所の杜に向かいました

美しい京都
美しい日本
美しい我が祖国
改めてこの国に生まれた幸せを噛み締めた一日でした


 


HOME