旬の京都

20021114日作成



悟りの朱




すっかり冷え込みが強くなった秋
例年よりも山々が早く彩づきました
この週末は久しぶりの光溢れる陽気
その光を受けて輝く紅を目指して
京都を守る山々を目指しました
曼殊院脇の一本の紅、蓮華寺とお気に入りの場所を巡りながら
行き着いたのは鷹峯
「迷いの窓」「悟りの窓」で知られる源光庵でした

円窓を通して見る朱
紅には少し届かぬものの
心を静謐へと誘うには充分な姿でした
積もり積もった心中のざわめきが
夏の朝の海のように穏やかになっていきます

美しき国の美しき季節

その日は「はやし」の料理で締めくくりました
美しき京都と見事な職人の味
煩悩の赴くままに美を求める私は
まだまだ悟りの境地には程遠いようです






上の写真は源光庵の「悟りの窓」、下の写真は曼殊院脇の毎年お気に入りの紅葉です。
いずれも2002/11/16に撮影しました。
私にはお気に入りの紅葉がいくつかあり、それは空間であったり、一本の木で
あったりします。曼殊院脇の写真のカエデは、そういったお気に入りの中の一本です。

今年は紅葉が例年より一週間は早いようです。来週にはピークを迎えるでしょう。
ここ二三年の内ではもっとも美しい紅葉であるように思います。


HOME