旬の京都

19991120


「ゆりかもめ」


風に厳しさを感じるようになって2日目の朝
11
19日の金曜日
鴨川にかかる橋を渡ろうとすると
頭上を白き舞が通り過ぎました

いつもの白鷺にしては姿が小さいと思いつつ川面に目をやると
ゆりかもめの群れが羽を休めていました
川面でゆらりゆらりと揺れながら水を飲むもの
羽を広げるもの

鴨川の風物詩
いよいよ冬の帳が降りようとしています

未だ旅路のつかれが癒えないのか
どこかおとなしげなゆりかもめ
それでもその数に圧されるように
いつもの白鷺が悠然としながらもどこか居心地が悪そうでした

これから春までは
ユリカモメが鴨川の空の覇者となります



写真はかなり以前(10年以上前。。。)に撮ったものです
 さすがに仕事の合間にカメラは持っていませんでした。
 鴨川の石垣が今では見違える様に美しくなっています。


HOME