旬の京都

19981231

「除夜の鐘」

大晦日の我が家の物干

煌々と輝く月下
澄み渡る冷気を震わせ
百八つの煩悩を振払う鐘の音が聞こえます


ごぉ〜〜ん



ごぉ〜〜



知恩院の鐘

かつて見た巨大なる梵鐘
間近に見る姿からは想像もつかない
涼やかに澄んだ音色です
心も感慨に震えます

十七人の僧による壮観なる鐘撞き
遠くに聞くその音色は
あくまでも優美で美しい

除夜の鐘を撞くのは
煩悩を洗い浄めて新たな気持ちで新年を迎える為
百八回鐘を撞くのは
百八煩悩を意味するもの

百七つの鐘はゆく年に
残る一つは新たなる年に撞く習いとか


かすかにおけら詣へ向かう人々の
喧噪の気配
吉兆縄の描く円の気配


間もなく新年
最後のひと撞き

来年も宜しくお願い致します

 

 


HOME