旬の京都

199828

春の園〜梅香


先日、北野天満宮の近くを歩いていました
まだまだ冷たい空気を切り分けて歩かねばならない寒い冬の一日でした

空気が動きました
すると

思いがけぬことに春の空気が訪れたのでした
誘われるままに境内に入ると
そこは春の園でした

甘い香りを深く吸い込みました
いる
はずも無い蝶探し
漂わせました

その枝の梅花はまだ数えるばかり
香りだけが季節の移り変わりを早めていました

時の流れが止まったかのような冬
自然は春を待切れぬ様です

梅花祭まであとわずかです

 


HOME