観戦記録2000
福知山クリテリウム・C1  2000/04/23

 前日の実業団群馬カップの影響で寂しい顔ぶれになるかと思われたものの、ねらい目だと思った人が多かったのか、そこそこ盛況。いちばんネームバリューがある岡崎@ソレイユキナンはDNS。
 序盤から日置@アングルと和野内@Nakagawaが2人で逃げるが和野内がパンクで後退、ここから昨年のけいはんなを思い出させる日置の独走が始まる。後ろではハリス、広島(ともにリジダビアンキCCオオタ)、山脇@京都岩井商会、内山兄@テスタッチの4人が追走するがどんどん差が開き、死阿集的には2分近い差をつけて日置が前日のBR-2に続き2日連続の優勝を飾った。
 リザルトは京都府自転車競技連盟のサイトへ。

インデックスへ

Ritsクリテリウム・C1  2000/04/29

 裏で全日本アマチュア選手権があるので寂しい顔ぶれになるかと思ったらさにあらず、プロ登録の選手もたくさん出場していた。
 いきなり岡崎@ソレイユキナンがアタック。しばらく逃げるがさすがにそうもいかず吸収。中盤何度かアタックが繰り返されるが、ちょうど真ん中あたりで岡崎、阿部、今西、野寺(以上@SHIMANO)、西村、小林、和野内(以上@Nakagawa)、秋田@愛三工業、真鍋@宮田工業の9人の集団が逃げを決める。終盤この中から真鍋、今西がわずかに先行し、後方ではSHIMANOの残りの2人が岡崎をマークし、そのまま最終周回へ。ラストコーナーを曲がって出てきたのは真鍋、今西、そして岡崎。完全に岡崎の勝ちパターンと思われたが、最後に今西が差し返し。岡崎は追いつくのに力を使いはたしたか。
 リザルトは京都府自転車競技連盟のサイトへ。

インデックスへ

けいはんなサイクルロードレース オープン&U23  2000/10/29

 前半から頻繁にアタックが掛かり、5人程度が着いたり離れたりするが、3周めからNakagawa小林、西村、マルイシキナン長野の3人の逃げで安定する。後ろからはアングル日置、品川、岩井商会中田、日本鋪道石田らが何度か追いかけようとするが差は少しずつ広がり、3人の逃げが決定的になる。最後は2対1の優位もあって西村がトップでゴール。3番めにゴールした長野がU23カテゴリでの優勝となった。
 リザルトは京都府自転車競技連盟のサイトへ。

インデックスへ

ちぎれても好きな人に戻る
ホームに戻る