駄文28 2000年代


もどる

トップへ


 2000年代になれば、すぐにわかると思っていたのだが、すでに2000年代になって3年が過ぎようとしている現在でも納得のいく答えが見付からない疑問がある。

「1970年代」とか、「1990年代」とかいう調子で、2000〜2009年の10年間を指したい時、いったいなんと呼べばいいのだろうか?

「当然、『2000年代』だろ」って? 確かにその答えは予想できるのだが、どうも釈然としない。確かに、「1990年代に比べて、2000年代は……」等という文脈では、「2000年代」という言葉が2000〜2009年を指しているのは明白だろう。しかし、「2000年代のうちに、人類は他の惑星に到達するだろう」という文章の場合、「2000年代」という言葉が指すのは、「2000〜2009年」なのか、「2000〜2099年」なのか、「2000〜2999年」なのか、はっきりしない。

 1900年代 (1900〜1999年) の年代を呼ぶ場合、"19" を省略することが多い。'60年代とか、'80年代といった塩梅である。同じく、2010年代を「'10年代」、2020年代を「'20年代」と呼ぶのは、問題ないように思われる。だとすると、2000〜2009年は「'00年代」? これなら、範囲は明確だ。でも、読み方は? 昭和元〜9年を「昭和ひと桁代」と呼ぶことから類推すると、「二千ひと桁代」? 

 因みに、西暦を下2桁で表す時に省略符である "'" を「省略」して書く場合もあるようだが、個人的には縦書きの場合を除いて、できれば省略しないで欲しい。単に「60年」と書いたら、1960年か昭和60年か紛らわしいのである。因みに、プロフィールなどで、西暦と和暦を混在する書き方に出会うことはそれほど珍しくない。それも、昭和時代の事柄は昭和○○年と記し、平成に入ってからの事柄は西暦で示す場合が多い。これは意図的ではなく、無意識にやっているのであろう。多くの人々は昭和時代にあった事柄を昭和の年号で記憶しているのだ。一番困るのが、極稀に元号も略してしまう場合だ。「42年生まれ。……90年○○大学卒業」などと書かれた場合、両方西暦の下2ケタであっても、あり得ないことではないので戸惑ってしまう。

 ついでだから書いておくが、「'00年」とか「'02年」とかいう表記を見ることは「'95年」とか「'99年」に比べてかなり少ないように感じられるが、何か理由があるのだろうか? ひょっとして、2000年問題の影響で、下2桁だけの表記には心理的な抵抗があるとか?


Copyright © KOBAYASI Yasumi 2002


もどる

トップへ